売れてる人気の青汁はこれだ!

青汁は、以前は罰ゲームの飲み物的な存在でしたが、今では健康維持のために毎日飲むという人がたくさんいます。

青汁=マズイというイメージは薄れているのかもしれませんね。

一口に青汁といっても、原材料の違いや製法の違いで、味や香り、形状が異なってきます。

もちろん、原材料によっては飲みやすいものと飲みにくいものがあります。

青汁を飲むことでどんな効果・効能を期待する?

青汁を飲もうと思うきっかけって何でしょう?

一般的には野菜不足の解消でしょう。

そもそも、青汁は、健康維持の為には野菜を沢山食べる必要があるが食べられる量には限界があることから野菜を粉砕することで沢山飲もうということで作られたものです。その点でいえばグリーンスムージーと同じような考え方と言えるでしょう。

従って、青汁の効果というのは、野菜の効果にほかなりません。私たちが不足がちな野菜を補うのが青汁と考えるのが最も自然でしょう。

いろんな野菜の効果・効能を詳しく知っている人は少ないと思いますが、野菜を毎日沢山食べた方がいいということを知っている人は多いでしょう。青汁が気になっている人なら尚更でしょう。

そんなこともあって、青汁が健康に良さそうだと思い、色んな効果を期待して飲み始める人も多いでしょうが、青汁は薬ではないので、飲んですぐに効果が出るというものではありません。毎日継続的に飲むべきものなのです。

青汁の効果が目に見えて分かりやすいかというと、そうではないケースの方が多いでしょう。なんとなく、青汁を飲み始めてから調子いいな~♪くらいの感じだと思います。

毎日継続して飲むことで少しずつ改善されていくものなので、続けることが一番大事ということになります。

青汁の効果の詳細はコチラ

青汁でダイエットする?!

青汁を飲む理由の一つに、ダイエット目的も人気です。

青汁は、栄養価が高いですから、食事制限が必須のダイエットとの相性は良いのです。

グリーンスムージーのダイエットも流行っていますが、上述のとおりグリーンスムージーと青汁は、似たような考え方です。ダイエット法についても、どちらも置き換えダイエットになります。

市販の商品を見た場合、グリーンスムージーはダイエット志向、青汁の方が健康志向の傾向が強い印象です

青汁もグリーンスムージーの一種と言っても良いのかもしれませんが、青汁を作る場合、果物は入れないですし、逆に青汁には根菜を入れたりもしますから、その点は少し異なります。

どっちが良いのか?と言うことではなくて、飽きずに継続するために、青汁とグリーンスムージーを組み合わせてみるのも一つの方法でしょう。

青汁ダイエットの詳細はコチラ

青汁の原材料の成分で比較

青汁は、その原料となる青菜により効果が異なると言われていますが、その効果の違いが飲み比べれば実際に分かるかというと、なかなか難しいところでしょう。

飲んですぐに効果が分かるというものではなく、飲み続けることで効果がみられるものでもあり、また効果の出方が人それぞれというのも判断を難しくします。

しかし、どんな青汁にしようかと迷っているなら、原料や味への工夫などを比較して選ぶのがポイントになります。

青汁の主原料と言えば、かつてはケールというイメージでしたが、最近はケールよりも、大麦若葉や明日葉の方が種類が多いですし、他にも桑の葉やクマザサなどの青汁もあります。

青汁は青菜を使用するため、どうしても青臭い味になりがちですから、各社とも抹茶風味にしたりフルーツ風味に仕上げたりと草の汁を飲んでいるという感覚がなくなるように風味を利かせています。おかげで、最近の青汁では全く罰ゲームにならないです。

青汁の原料である各青菜に共通に言えるのは食物繊維が豊富で、ビタミンも豊富というところです。

特にケールは野菜の王様といわれるだけあって、カルシウムやビタミンCなどが他の青菜に比べると格段に多く含まれています。青汁=不味いというイメージがあるのはこのケールの青汁です。ケールを使った青汁は、青臭い傾向がどうしてもあります。そのためかケールの青汁はあまり多くありません。しかし、最近のケールの青汁でさえ罰ゲームで青汁を飲むような不味さは期待できません。

ケールの青汁はコチラ

ケールに代わって人気なのが明日葉です。明日葉にはデトックス効果のあるカルコンというポリフェノールが含まれていますし、カリウムも豊富なため、どんよりしがちな身体を内側から健康的にリフレッシュしてくれるのです。

明日葉の青汁は、それほど癖もありません。

明日葉の青汁はコチラ

今、最も種類が多いのが大麦若葉の青汁です。

大麦若葉の青汁は、青臭さは全く無く、色以外は、青汁らしさがないと言えるでしょう。実際、人気の青汁は、抹茶などでおいしく仕上げているのですが、抹茶の味しかしないくらい青汁らしさはありません。飲みやすい青汁という点でいえば一番おすすめです。

大麦若葉の青汁はコチラ

おすすめな青汁の飲み方

青汁は、粉末状になっているものが多いです。粉末状になっている場合は、水などと混ぜて飲むことになります。

中には粒タイプの青汁もあります。粒のものは、お水などでゴクッと飲めばいいだけで簡単です。飲み込んでしまえば、青臭さも気になりませんから。何より、持ち運びができるので、いつでもどこでも飲めるというのが便利です。

粉末状の青汁は、お水などに混ぜて飲むのですが、お水じゃなくても牛乳に混ぜると抹茶オーレのようになるので飲みやすくなります。初めての注文で無料プレゼントが付いてくる青汁が結構あるのですが、その中に青汁を混ぜる(シェイクする)ためのフタ付きのカップが付いてくることがあります。これがあるとメモリも付いていて、子供でも簡単に青汁を混ぜることができるので便利です。

粉末状の青汁は、水に溶けるのではなく混ぜて飲むので、放置しておくと青汁がコップのそこに沈んでしまいます。水との混ざりやすさや飲むときの粉っぽさがのこらないようになど、工夫がされている青汁もあります。

飲む以外にも、ヨーグルトにかける、料理やお菓子を作る際に混ぜるなど、単にドリンクとして飲むだけではなく、素材としても利用することもできます。

ところで、青汁というと、上述の通りほとんどの商品は粉末になっていて、それを水などに溶かして飲むのですが、粉末以外の青汁も少数派ですが、いくつかあります。

粒状になった青汁サプリメントがその一つ。サプリメントですから、飲むのも簡単ですね。水分をそんなに飲めない人や、青臭さが気になる人にはおすすめです。

他には、青汁をそのまま冷凍している生青汁という商品もあります。ファンケルの青汁なのですが、ファンケルの青汁はケールでできています。粉末になったファンケルの青汁は、そんなに青臭くはないのですが、この生の青汁は、かなりケールの青汁らしい味になっています。

おいしい青汁の評価基準

おいしいの基準はどのようなものかという話がありますが、文句なしに『おいしい』と感じる青汁と、『あっ飲みやすい、これなら毎日ストレスなく飲める』というおいしさがあります。

青汁の原料は、ご存知の通り青菜が主になります。青菜の汁を飲んでいるのですから、決して美味しいものではないと考えた方がいいでしょう。

実際、青汁が最初に世間に認知されたのは、キューサイの「う~不味い、もう一杯」というCMではないでしょうか。

そんな青汁をおいしくなるように、飲みやすくなるように各青汁メーカーが色んな工夫をしているのです。

そんなこともあって、最近の人気の青汁で、不味い!という青汁はほとんどありません。じゃあ、本当に美味しいのか?と訊かれると、微妙な味も多いのです。

どういうことかというと、ほとんどの青汁は、ちょっと水くさい味になっています。青汁の不味さを薄めて、抹茶などでごまかしているというところでしょうか。

水くさい味をおいしいと思えるか否かで、青汁の評価は随分異なってきます。

実際、飲んだ人によって、おいしいという人と、水くさいという人に別れてしまったりします。

これは、それまでに何種類の青汁を飲んでいるかで基準が違う為に感じ方が変ってくるのでしょう。

いわゆる不味い青汁を飲み慣れている人にとって水くさい青汁は、決して不味いものではなく味が薄いだけの青汁です。薄味をおいしいと思えるか否かということなのです。

濃い味でおいしいという青汁は、あまりないと考えておいた方がいいでしょう。基本的には毎日飲むものですから、あまり濃い味だと継続できないということもあり、薄味な味付けになっているのだろうと思います。どうしても薄味が嫌だという人は、水の量を少なくてしてみてもいいかもしれません。

薄味になると、本来の栄養価を下げることなく、付加価値を高めるような工夫もしやすいということもあるのでしょう。

例えば、オリゴ糖などで甘さを加えて飲みやすくするとともに、スッキリをさらにサポートできるようにするというものです。

または、抹茶で味を調えている青汁も多いです。青汁と抹茶の相性はとても高く、抹茶風味が強いとグリーンティーな印象になります。

私が個人的に文句なしにおいしい!と感嘆した青汁は、神仙桑抹茶ゴールドです。

この青汁は、お茶屋さんが作った青汁なのですが、もともと神仙桑抹茶という桑の葉を原料にしたお茶を作っていました。

桑の葉はとても栄養価の高く、カルシウムはケールの8倍・鉄分はほうれん草の5倍・ビタミンKやカリウム・ビタミンEも豊富で食物繊維は何とレタスの20倍です。そのように栄養価の高い桑の葉のお茶に更にカリウムやマグネシウムが豊富なシモン芋を配合することで更に栄養価の高い青汁になっています。

いわゆる青汁というのとは、原料から違うので青汁といっていいのかは微妙な気もしますが、青汁として味も栄養価も文句はないでしょう。

飲みやすさでおすすめは"えがおの青汁"です。サラッとしていて粉っぽさが全然残らないので、ゴクゴク飲めます。

この飲みやすいえがおの青汁に青汁としての旨味をプラスしたような感じなのがサントリーの極の青汁です。飲みやすさはおいしさにもつながります。どの青汁も抹茶風味に仕上げているものが多くサントリーの極の青汁も正にそうで、抹茶風味がとても美味しい青汁になっています。

おいしい青汁ということでおすすめするのは、やはり大麦若葉を主原料にしている青汁です。大麦若葉の青汁は癖がないものが多いのです。

ケールを主原料にしている青汁はたくさんありますが、大麦若葉の方が断然飲みやすくおいしいと感じる方が多いようです。

ケールは栄養バランスは高いので、青汁独特の濃い味を納得していただけるならケール主原料の青汁の方がおすすめではありますが、ケール主原料の青汁は少し粉が溶けにくくて、付属のシェイカーを使って混ぜるというのが一般的です。

飲んだ後の後味もケールより大麦若葉の青汁の方がすっきり感があります。

売れてる人気の青汁比較おすすめランキング

サントリー 極の青汁

極の青汁サントリーの極の青汁は、主原料は国産にこだわった大麦若葉と明日葉。ビタミンEやB1、B2、食物繊維が豊富な大麦若葉にビタミン・ミネラルが豊富で生命力にあふれる明日葉をプラスした青汁です。

これらにプラスしてポリフェノールの代表格であるケルセチンさらにパワーアップさせたケルセチンプラスを配合しています。

野菜の代わりに飲むというより野菜に近い質のものを摂るという発想で体に野菜を力を届けるという発想の青汁になっています。

とはいえ、おいしくなければ毎日続きません。ここで発揮されるのがサントリーの飲料メーカーとしての力です。

粉末を小さくして溶けやすさを追求し何にでも溶けるように工夫し、食物繊維をプラスすることで素材の美味しさを束ねて甘味や旨味を向上させます。さらに宇治産煎茶と抹茶により風味をグンと引き立て、美味しい青汁に仕上がっています。あっさりとした抹茶を飲むような感覚で飲むことができます。

お得な定期コースも用意されており、定期コースを利用すると専用のシェイカーがプレゼントされます。

  • ●国産の大麦若葉と明日葉
  • ●「ケルセチンプラス」を配合
  • 煎茶と抹茶を加えたとてもおいしい青汁

えがおの青汁満載

えがおの青汁満菜は国産の大麦若葉を主原料にして作られており、青汁の不味さの原因であるケールを使っていません。

ですから、ケール独特の匂いなどは全くありませんし、味も緑茶のようにごくごく飲めるようになっています。

えがおの青汁満菜は、1回分ずつ個別包装されていますので、飲む際も簡単です。

1包みをコップに入れ、水や牛乳、豆乳などで溶かして飲むだけで、健康や美容に必要なビタミン、ミネラル、ポリフェノール、そして食物繊維を簡単に摂取することができます。プレーンヨーグルトなどに混ぜて食べてみても美味しいですよ。

  • 原料は国産を使っているので安心
  • ●緑茶のような飲みやすさでごくごく飲める
  • ●おいしく野菜分を補えるスーパードリンク
imp

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁は、青汁の栄養価をぎっしりと詰め込んだ粒の青汁サプリメントです。

粒になっている青汁ですから、飲みにくいなどの問題はありません。一気に飲み込むだけです。

ですから、おいしさにこだわる必要もなく、栄養価にこだわって作ることが可能なのです。

青汁の代名詞とも言える栄養価の高いケールを使い、クロレラや長命草を加えて、栄養価をしっかりと粒の中に詰め込んであります。

水に溶かす青汁は、毎日飲むとなると面倒ですが、粒の青汁なら継続するのも難しく無いでしょう。青汁が苦手な人にこそおすすめです。

  • 粒の青汁だから飲み込むだけ!
  • ●ケール・クロレラ・長命草を配合した青汁
  • ●ビタミン・ミネラル・食物繊維・アミノ酸・葉緑素がぎっしり!
更新日:2016/05/27 9:37:33

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。