キューサイのはちみつ青汁なら1日2杯で生野菜140gを補える!

青汁の代名詞のようなキューサイのはちみつ青汁は、スーパー野菜のケールをまるごと粉末化して栄養価の高い青汁です。

ケールの青汁は癖が強く飲みにくいと言われるなか、はちみつと合わせることで、ケールの青汁初心者の方でも美味しく飲めるようになっている青汁です。

スーパー野菜ケール100%の青汁が飲みやすい

キューサイの青汁は、ケール100%の青汁です。

ケールの青汁は、独特のニオイや味があり、敬遠される方も多いです。しかし、キューサイの青汁は、ケール100%なのに飲みやすくなっています。その秘密は、その名のとおり、はちみつにあります。

キューサイのはちみつ青汁の原料であるケールは、栄養価が高いことでも有名ですが、独特の風味が苦手という方もいます。そうとはいっても、味を重視して肝心の栄養価を損なうことがあってはいけないと、試行錯誤を繰り返すことで、青汁の栄養価を損なわず健康にも役立つ素材を探した結果、たどり着いたのが優しい甘味の健康素材、はちみつでした。

はちみつを使うと決まれば、そのはちみつの品質にもこだわります。そこで選定されたのが、山田養蜂場のはちみつです。山田養蜂場では、ミツバチがつくったはちみつを、出来る限り自然のままに届けたいと自社で厳格な品質基準を設けてはちみつの生産にあたっています。

そのこだわりのはちみつとケールとの出合いにより、おいしくて飲みやすいはちみつ青汁が完成したのです。

キューサイのはちみつ青汁はこんなに栄養価が高い

キューサイのはちみつ青汁の原料であるケールは、非常に栄養価が高くスーパー野菜といわれています。野菜が身体に良いことも、たくさん食べなければいけないことも当然分かってはいるのですが、毎日きちんと必要量とれているかときかれると、自信をもって「はい」とは言えないのが現実です。

忙しさや、外食が多いなどなかなか食事に必要量の野菜を合わせてとることは難しいです。それに野菜の値段がビックリするくらい高いときもありますので。

15歳以上1人1日の野菜摂取目標量は350gで、そのうち緑黄色野菜の摂取目標量は120gです。ところが、この目標は達成しておらず、20歳以上では平均273.3gしか野菜を摂れていません。その不足量は約76gです。キューサイのはちみつ青汁は、1杯(1スティック)で生野菜70g相当を補えます。1日2杯で140gの計算になります。忙しくて緑黄色野菜を積極的に摂れていないという方にはもってこいの青汁です。

たった1杯でこれだけの緑黄色野菜を補うことができる秘密は、スーパー野菜のケールにあります。ケールとトマトの栄養価を比較すると、β-カロテンがトマトの約5倍、ビタミンCがトマトの約5.4倍、カリウムがトマトの約2倍、食物繊維がトマトの約3.7倍、カルシウムがトマトの約31倍含まれています。

スーパー野菜のケールには、現代人に不足しがちな栄養素がこんなにたくさん詰まっているのです。

キューサイのはちみつ青汁はこんな方におすすめ

キューサイのはちみつ青汁は、1杯で約70g相当の野菜を補うことができますから、野菜不足が気になる方にはぜひおすすめしたいです。

野菜不足と感じていなくても、キューサイのはちみつ青汁は食物繊維も豊富ですから、毎日のすっきりをサポートすることもできます。

お通じのお助けはもちろんですが、野菜をしっかりとることで腸内がきれいになると、ダイエットの効果も上がるでしょうから、ダイエット中の方にもおすすめです。

ダイエット中に食事をしない人もいますが、最低限の栄養は摂らなければ、リバウンドしたり体調を崩したりします。そのようなことがないように、ダイエット中で食事制限している方も青汁は積極的に飲みましょう。

外食やコンビニ弁当などが仕事がら多い方も、気が付けば野菜不足ということになりますから、ちょっとした休憩時にはちみつ青汁を飲むのがおすすめです。健康に気を付けたいという方も毎日青汁を飲む習慣をつけるとよいですね。

実際に飲んでみました!キューサイのはちみつ青汁の飲み方

キューサイのはちみつ青汁を実際に飲んでみました。

さすがケールの青汁という感じで、ケール特有のニオイがそれなりにあります。味はとても飲みやすいです。ほのかに甘い感じがするのが、はちみつの効果ですね。

ケールの青汁の風味に抵抗がある人は、オレンジジュースに混ぜて飲んでみてください。

ケールの風味がほとんど分からなくなります。100%のストレート果汁ならなお健康によい飲み物になるでしょう。うちの子供たちは、相変わらず牛乳に混ぜて青汁を飲むのですが、普段、大麦若葉の青汁を飲んでいるせいか、ほんのりはちみつの甘さがあってもケールの青汁は少し苦手なようでした。

私は、そのまま水と混ぜて飲みますが、牛乳に入れて飲むのも美味しかったです。ダイエット中の方は、牛乳は控えてオレンジジュースか水で飲んでみてくださいね。今度、オレンジジュースに混ぜて子供たちに飲んでもらうつもりです。

キューサイのはちみつ青汁のサイトには、青汁スープやだし巻き、青汁風パンケーキの写真が載っていますが、色んな料理にもアレンジできますから、そのまま飲むのが苦手なら料理の材料やトッピングとしても利用してみましょう。

キューサイのはちみつ青汁を水などと混ぜて飲む場合、少し混ざりにくい感じがするので、専用のカップでシャカシャカして混ぜてください。外出先では、ペットボトルのお水に混ぜてシャカシャカすると混ぜるのも飲むのも簡単です。

更新日:2016/09/05 8:51:38

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。