大麦若葉の青汁は飲みやすい

大麦若葉の青汁はどのメーカーのものでも青臭さが気にならなく飲みやすく仕上がっています

栄養価ではとりたてて特徴があるわけではありませんが、青汁を野菜不足を補い栄養バランスを整えるという栄養補助食品と位置づければ大麦若葉の青汁はとてもおすすめです。

とにかく飲みやすくおいしい青汁が多いのです。

ケールや明日葉はどうしても癖が強く好き嫌いがはっきりします。

その点、大麦若葉の青汁ならば万人受けする味に仕上がっていると言えるでしょう。

おいしくないと思っている青汁を我慢して飲み続けることは現実的には難しいので、野菜、特に青菜の苦みが苦手な人は大麦若葉の青汁の青汁がおすすめです。

大麦若葉のおすすめ青汁人気ランキング

サントリー 極の青汁

極の青汁サントリーの極の青汁は、主原料は国産にこだわった大麦若葉と明日葉。ビタミンEやB1、B2、食物繊維が豊富な大麦若葉にビタミン・ミネラルが豊富で生命力にあふれる明日葉をプラスした青汁です。

これらにプラスしてポリフェノールの代表格であるケルセチンをさらにパワーアップさせたケルセチンプラスを配合しています。

野菜の代わりに飲むというより野菜に近い質のものを摂るという発想で体に野菜の力を届けるという発想の青汁になっています。

とはいえ、おいしくなければ毎日続きません。ここで発揮されるのがサントリーの飲料メーカーとしての力です。

粉末を小さくして溶けやすさを追求し、食物繊維をプラスすることで素材の美味しさを束ねて甘味や旨味を向上させます。

さらに宇治産煎茶と愛知県産抹茶により風味をグンと引き立て、美味しい青汁に仕上がっています。あっさりとした抹茶を飲むような感覚で飲むことができます。

お得な定期コースも用意されており、定期コースを利用すると専用のシェイカーがプレゼントされます。

  • ●国産の大麦若葉と明日葉
  • ●「ケルセチンプラス」を配合
  • 煎茶と抹茶を加えたとてもおいしい青汁

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>は、大麦若葉の青汁にキトサンを配合した青汁です。

キトサンは、コレステロールの吸収を抑える働きがあるため、野菜不足を補うだけではなく、脂っこい食事が好きな方や甘いものが好きという方にさらにおすすめです。

原材料の大麦若葉は農薬不使用の有機大麦若葉を使用しています。大麦若葉はビタミンB2や葉酸、鉄分など栄養の宝庫です。

コレステロールをコントロールしながら野菜不足を解消し、栄養補給ができる青汁は、毎日の健康をサポートしてくれます。

  • ●コレステロールを下げる働きのあるキトサン配合
  • ●農薬不使用の有機大麦若葉は栄養の宝庫
  • ●抹茶配合で飲みやすいトクホの青汁

えがおの青汁満載

えがおの青汁満菜は化学合成農薬・化学肥料不使用の九州産大麦若葉を主原料にして作られています。大麦若葉の青汁らしく独特の匂いなどは全くありませんし、緑茶や抹茶を配合しており味はコクのある濃い目で、お茶風味でゴクゴク飲めるようになっています。

18種類の健康グリーン素材配合で、妊婦に推奨されている葉酸もピーマン27個分含まれるなど野菜不足を補うにはぴったりの青汁です。

1包みをコップに入れ、水や牛乳、豆乳などで溶かして飲むだけで、健康や美容に必要なビタミン、ミネラル、ポリフェノール、そして食物繊維を簡単に摂取することができます。プレーンヨーグルトなどに混ぜて食べてみても美味しいですよ。

  • ●大麦若葉と18種の健康グリーン素材配合
  • ●風味豊かな緑茶と緑茶をプラス!
  • ●化学合成農薬・化学肥料不使用の大麦若葉がたっぷり!

濃い藍の青汁

藍の青汁国産有機の大麦若葉をベースに、食物繊維とミネラルの宝庫でスーパー薬膳野菜である藍を使った青汁。オリゴ糖を加えたことで飲みやすく仕上がっています。

一般的な青汁の原材料であるケールや明日葉と比較しても食物繊維が多く含まれています。他にも、鉄分はケールの3倍、亜鉛はケールの6倍、さらにはポリフェノールはレタスの10倍も含まれているのです。

なんだか、味の想像がしにくい青汁ですが、全く癖のない味で、青汁全体で見ても、とても飲みやすい青汁です。

含有量が決して多いとは言えないのですが、成分的には食物繊維にポリフェノール、オリゴ糖ですから、腸内フローラを整えるのにはピッタリの青汁といえます。

  • ●藍など8種類のハーブをブレンドした青のハーブティープレゼント中!
  • 食物繊維、ミネラルが豊富に含まれたスーパー薬膳野菜の藍を使った青汁!
  • ●国産有機の大麦若葉がベースだから飲みやすい!

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁は、食後の血糖値の上昇を抑える難消化性デキストリンが配合された特定保健用食品の青汁です。

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにトウモロコシから作られている水溶性の食物繊維の一種ですから、そういう意味では食物繊維の量はダントツに多い青汁です。

青汁では珍しい特定保健用食品(トクホ)となっています。

お腹いっぱい食べてしまう、甘いものやお酒がやめられない、外食が多いなど、食生活が乱れている方はもちろん血糖値が気になる方に人気の青汁です。

おすすめの飲み方は、お水で溶いて食事と一緒に摂る方法です。こうすることで、食後の糖の吸収を穏やかにするとともに野菜不足も補えます。

大正製薬らしく薬のようなパッケージになっていますが、大麦若葉の青汁で、飲みやすくするため抹茶を配合したスッキリとした味わいで毎日飲むことに全く抵抗がありません。

もちろん、主原料の大麦若葉も農薬不使用の有機大麦若葉を使用していますから安心ですね。

今なら1か月分が1,000円(税別)で始められます。

  • 特定保健用食品の青汁
  • ●食後の血糖値を抑える難消化性デキストリン配合
  • ●有機大麦若葉と抹茶配合で飲みやすい!
imp

ユーグレナ・ファームの緑汁

ユーグレナ・ファームの緑汁は、ワカメやコンブと同じ藻類に分類されるユーグレナ(ミドリムシ)を原料にした健康食品です。1包を水などで溶いて飲むだけで効率よく栄養素を補うことができます。

ユーグレナだけでなく、青汁らしく有機栽培の大麦若葉と明日葉を使用して作られています。

青汁が野菜の栄養素を補うのに対し、緑汁は野菜・魚・肉の栄養素を補うことができるため青汁で満足しなかった方は是非飲んでみてください。

独自成分のパラミロンは、スポンジのように多くの穴があり、食物繊維と同じように不要物を吸着させて体内をスッキリさせてくれます。

効率よく59種類の栄養素を補給でき、不要物を取り除いてくれる、食生活が乱れている疲れているという方には特におすすめです。

  • ●野菜・肉・魚の59種類の栄養素がバランスよく補える
  • ●青汁より消化吸収の効率が良い
  • ●独自成分パラミロンが体内の不要物を吸着排出

大麦若葉の青汁は美容にも効く?!

「大麦若葉」とは、どのようなものか知っていますか?

大麦若葉の青汁と言うのは、その名前の通り、大麦の若葉を原料にしたものです。青汁の中でも特に人気がある、ケールよりも飲みやすいので、初めて青汁を飲む人や、子供にも人気の青汁です。

大麦若葉は、大麦の成長段階である20~30cmのときに収穫されているので、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるのです。

チアミンとも呼ばれるビタミンB1が大麦若葉には豊富に含まれており、その量は牛乳の約30倍ともいわれています。

他にもビタミンCも豊富に含まれており美容が気になる方にもオススメです。

また、大麦若葉にはクロロフィル(葉緑素)が含まれています。クロロフィルというのはスッキリガムなどに配合されている緑色の色素で、ビタミンCと同時に取ることで美容のトラブルをケアしてくれる他にも、中からもキレイにしダイエットをサポートしてくれるなど、今とても注目を集めています。

このように大麦若葉には、健康サポートの他に美容を気にする方にも人気となっています。

ただし、ビタミンCは、熱に弱いので青汁の製造工程の中でほとんど壊れてしまっている可能性はありますし、飲む時にお湯に溶かしたり料理に混ぜたりすると壊れてしまうので、あまり期待しない方がいいかもしれません。ビタミンBなどは加熱しても問題ありません。

更新日:2019/10/15 9:04:53

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。