大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁は、血糖値が気になる方に特に飲んでほしい青汁です。

野菜不足を補うため、食生活が乱れていることを気にしてなどの理由で青汁を飲む方が増えていますが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、野菜不足を補いつつ、食後の血糖値の上昇を抑える効果のある特定保健用食品の青汁です。

血糖値が気になる人に人気!トクホのヘルスマネージ大麦若葉青汁

青汁を飲もうと思う方は、生活習慣の乱れが気になったり、野菜不足を改善したいという方が多いです。もちろん、今の健康を維持されたい方も飲まれます。大正の大麦若葉青汁もそのような方々に愛飲されていますが、さらに、お腹がいっぱいになるまでついつい食べてしまう、甘いものやお酒がやめられないという食事のとり方が気になっているけど、なかなか改善できないという方にも大人気の青汁です。

その理由が、大正の大麦若葉青汁は、糖の吸収を穏やかにして食後の血糖値の上昇を抑える働きがあるからです。野菜不足を補いつつ、食事による血糖値の上昇が抑えられる青汁は、他にはありません。身体を健康に保ちたいけど食生活がなかなか改善できないという方が手放せない青汁になるかもしれません。大正の大麦若葉青汁は、この効果により特定保健用食品として認められています。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁の血糖値上昇を抑制する働き

ヘルスマネージ大麦若葉青汁に配合されている難消化性デキストリンは、トウモロコシのデンプン由来の水溶性食物繊維で、小腸粘膜からの糖の吸収を抑制する働きがあります。これにより糖の吸収に時間がかかるため、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができるのです。

血糖値が気になる方には特に飲んでほしい大正の大麦若葉青汁ですが、前述の通りなん消化性デキストリンは食物繊維ですから、血糖値が気にならないという方も腸内をきれいにすることができます。血糖値が急上昇するとなぜいけないのかというと、食後に血糖値が高まり高血糖状態になると、血管細胞壁での酸化が始まります。特に細い血管がダメージを受けるため、糖尿病が進行してしまうことになります。

普段の食事でも食物繊維から摂り始めるようにすると良いのですが、なかなか食事の管理まで難しい方も多いでしょう。そんな方こそ、大正の大麦若葉青汁が活躍します。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁のこだわり

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、難消化性デキストリンを配合して、血糖値が気になる方へのケアができるように作られた特定保健用食品の青汁です。その原材料となる大麦若葉にもこだわっています。

栄養豊富な大麦若葉をさらに身体によい状態で青汁にするため、農薬不使用の有機大麦若葉をベースにしています。大麦若葉の粉末100gと野菜を比較すると、ビタミンB2はアスパラガスの約9.5倍、葉酸は小松菜の約6.5倍、鉄分はほうれん草の約8.8倍にもなります。この栄養豊富な大麦若葉を無農薬で育てたものを使用しています。

さらに、毎日飲み続けるものだから、当然味にもこだわりたいですよね。大正の大麦若葉青汁は、抹茶を配合することで飲みやすくなる工夫をしています。水にサラッととけて、スッキリとした抹茶風味の飲みやすい青汁に仕上がっています。

実際に飲んでみました!ヘルスマネージ大麦若葉青汁の飲み方

大正の大麦若葉青汁を実際に飲んでみました。まず味より何より驚いたのが、パッケージです。箱から取り出してみると、一瞬お薬かな?と思う長方形のパックに入っていました。粉末青汁といえば細長いスティック状のパッケージをイメージしていた私。さすが製薬会社が作るトクホの青汁だなぁと、変なところで感心しながら飲んでみました。

冷たいお水100mlにサラサラっと入れて簡単に混ぜるだけで溶け、飲んでみるとのどに粉が引っかかるような感じもなく、ほんとにサラッと飲めました。元々大麦若葉の青汁は、クセがなく飲みやすいものが多いのですが、ほのかな抹茶風味がさらに飲みやすくしてくれています。

青汁の飲み方に、牛乳に混ぜる、オレンジジュースと混ぜるなど、色々試して紹介するのですが、この青汁はお水で飲むのが一番スッキリ美味しかったです。血糖値が気になる方は、食事と一緒に飲むとより効果がありそうですよね。その場合も、お水で溶いて飲むだけでお茶の代わりになる、そんな味です。個人的な意見ですが、お茶の様だといっても、お湯で溶くのはやめた方がいいと思います。というのも、せっかくの栄養素がお湯の温度で壊されてしまいそうな気がするからです。

毎日の健康維持や野菜不足を補うために飲むという方は、牛乳やオレンジジュースと混ぜる飲み方もおすすめです。

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁は、食後の血糖値の上昇を抑える難消化性デキストリンが配合された特定保健用食品の青汁です。

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにトウモロコシから作られている水溶性の食物繊維の一種ですから、そういう意味では食物繊維の量はダントツに多い青汁です。

青汁では珍しい特定保健用食品(トクホ)となっています。

お腹いっぱい食べてしまう、甘いものやお酒がやめられない、外食が多いなど、食生活が乱れている方はもちろん血糖値が気になる方に人気の青汁です。

おすすめの飲み方は、お水で溶いて食事と一緒に摂る方法です。こうすることで、食後の糖の吸収を穏やかにするとともに野菜不足も補えます。

大正製薬らしく薬のようなパッケージになっていますが、大麦若葉の青汁で、飲みやすくするため抹茶を配合したスッキリとした味わいで毎日飲むことに全く抵抗がありません。

もちろん、主原料の大麦若葉も農薬不使用の有機大麦若葉を使用していますから安心ですね。

今なら1か月分が1,000円(税別)で始められます。

  • 特定保健用食品の青汁
  • ●食後の血糖値を抑える難消化性デキストリン配合
  • ●有機大麦若葉と抹茶配合で飲みやすい!
imp

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>は、大麦若葉の青汁にキトサンを配合した青汁です。

キトサンは、コレステロールの吸収を抑える働きがあるため、野菜不足を補うだけではなく、脂っこい食事が好きな方や甘いものが好きという方にさらにおすすめです。

原材料の大麦若葉は農薬不使用の有機大麦若葉を使用しています。大麦若葉はビタミンB2や葉酸、鉄分など栄養の宝庫です。

コレステロールをコントロールしながら野菜不足を解消し、栄養補給ができる青汁は、毎日の健康をサポートしてくれます。

  • ●キトサン配合でコレステロール値が低下
  • ●農薬不使用の有機大麦若葉は栄養の宝庫
  • ●抹茶配合で飲みやすい特定保健用食品の青汁
imp
更新日:2016/01/15 11:17:47

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。