正々堂々うまいヤクルトの青汁はパンチが効いた罰ゲーム向けの味!

ヤクルトの「私の青汁」のキャッチコピーは「正々堂々、これはうまい。」です。うまいという表現はかなり主観的ですから私がどうこう言うのも筋違いでしょうが、私個人の意見でいうと、かなり不味いです。

青汁らしい味といえばその通りですし、青汁上級者になってきますと、この青臭さの中に旨味を見つけることができるので、私も最近では全く理解できないわけでもないのですが、青汁初心者の人に紹介するとすれば、不味い青汁と紹介したい味です。

ヤクルトの青汁は色んな商品がある!

ヤクルトの青汁と一口に言っても、実は沢山の商品があります。

中にはヤクルトレディ専売の青汁(※1)もあるくらいです。他にもヤクルトのオンラインショップ限定商品(※2)や、大手メーカーらしくトクホの青汁もあります。

ざっとこのくらいの種類があります。数ある青汁メーカーの中でもこれだけのラインナップを揃えているメーカーは他にないでしょう。その位沢山の種類があります。こんなにいろんな種類の青汁が何故あるのか謎ですw

とはいえ、概ね大麦若葉の青汁、ケールの青汁、大麦若葉とケールの両方が入った青汁に分類されます。

私も全てを飲んだわけではありませんが、今手元にパッケージが5種類はあるので少なくとも5種類は飲んでいます。正直なところ、味の違いがよく分かりません。

確かに一つ一つの味は異なるようですが、だからと言って、特徴があるわけではないのです。

特徴があると言えば、どの青汁もヤクルトとは思えない味です。大手メーカーの青汁というと本当に飲みやすい青汁ばかりなのですが、ヤクルトの青汁は本当に青汁らしい青汁の味がするのです。本物の青汁の味と言えば伝わるでしょうか。

青汁の中でもおいしいとされるフルーツ青汁でさえ、ヤクルトにかかるとかなりパンチの効いた味になっています。

どれもこれも罰ゲームに利用できそうな味です。

しかし、ヤクルトの青汁の味に慣れてしまえば、他社の青汁なんて、とても青汁とは呼べない物足りない味に感じるでしょう。

実際に飲んでみました!青汁のめぐり

青汁のめぐりの試飲ヤクルトの青汁は本物の青汁です

ヤクルトって美味しいですよね~

そのヤクルトが販売している青汁ですが、パンチが効いた味だという噂は予め聞いていました。

ですから、ビビりの私が最初に選んだのは『青汁のめぐり』です。一般的に青汁の原料として飲みやすさナンバー1に挙げられる大麦若葉が主原料の青汁なので、とっかかりとしてはいいかなぁとの予想により選びました。

青汁のめぐりは、食物繊維とヤクルトのオリゴ糖を配合した国産大麦若葉の青汁という説明を目にしました。これはかなり飲みやすいのかな?と思いつつ、冷たい水100mlに1包を入れ、シェイカーでササッと混ぜて飲んでみました。

率直な感想としては、かなり不味い!!!

飲む前には、味の前にニオイがするでしょ? そのときに嫌な予感がしたんです。だって、ニオイが草の汁のニオイだったんです。。。

飲んだ感想は、ニオイの通り、やっぱり草の汁を飲んでいるかのような感じでした。ヤクルトのオリゴ糖はどこへ行ったの?と聞きたくなるくらい。青汁が罰ゲームという時代は終わって、青汁っておいしくなったよなぁと思っていたのですが、いやいや、ここにありました!

大麦若葉でここまでしっかり青汁感を出してるということは、ケールはどれくらいパンチが効いているのでしょうか。今から楽しみです。

ここまでは悪口のような感想でしたが、青汁って、青菜を絞った汁なのですから、青臭くて当たり前です。ということは、変に加工されていなくて、これが本物の青汁ってことなのではないでしょうか。

更新日:2019/12/02 15:31:40

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。