青汁を買おうと思っているけど、どんな青汁があるの?

青汁とは青菜を丸ごと使った飲み物ですね。

青汁に使う原料はかつてはケールが有名でケールを使った青汁は青臭く罰ゲームに使われるほどで決しておいしいものでは無かったのですが、それでも健康維持のために毎日飲むというようなものだったように思います。

しかし最近はケール以外の青菜を使うことも多く「青汁=マズイ」というイメージは薄れ、罰ゲームに使えるようなマズイ青汁を探すのはなかなか大変です。それでも、不味い青汁は間違いなく存在します!

特に人気の青汁はおいしく(というとやや語弊もありますが)、全く癖のない味になっており飲みやすく、毎日飲むことが苦痛になるような味ではありません。

おすすめ青汁人気ランキング

サントリー 極の青汁

極の青汁サントリーの極の青汁は、主原料は国産にこだわった大麦若葉と明日葉。ビタミンEやB1、B2、食物繊維が豊富な大麦若葉にビタミン・ミネラルが豊富で生命力にあふれる明日葉をプラスした青汁です。

これらにプラスしてポリフェノールの代表格であるケルセチンをさらにパワーアップさせたケルセチンプラスを配合しています。

野菜の代わりに飲むというより野菜に近い質のものを摂るという発想で体に野菜の力を届けるという発想の青汁になっています。

とはいえ、おいしくなければ毎日続きません。ここで発揮されるのがサントリーの飲料メーカーとしての力です。

粉末を小さくして溶けやすさを追求し、食物繊維をプラスすることで素材の美味しさを束ねて甘味や旨味を向上させます。

さらに宇治産煎茶と愛知県産抹茶により風味をグンと引き立て、美味しい青汁に仕上がっています。あっさりとした抹茶を飲むような感覚で飲むことができます。

お得な定期コースも用意されており、定期コースを利用すると専用のシェイカーがプレゼントされます。

  • ●国産の大麦若葉と明日葉
  • ●「ケルセチンプラス」を配合
  • 煎茶と抹茶を加えたとてもおいしい青汁

えがおの青汁満載

えがおの青汁満菜は化学合成農薬・化学肥料不使用の九州産大麦若葉を主原料にして作られています。大麦若葉の青汁らしく独特の匂いなどは全くありませんし、緑茶や抹茶を配合しており味はコクのある濃い目で、お茶風味でゴクゴク飲めるようになっています。

18種類の健康グリーン素材配合で、妊婦に推奨されている葉酸もピーマン27個分含まれるなど野菜不足を補うにはぴったりの青汁です。

1包みをコップに入れ、水や牛乳、豆乳などで溶かして飲むだけで、健康や美容に必要なビタミン、ミネラル、ポリフェノール、そして食物繊維を簡単に摂取することができます。プレーンヨーグルトなどに混ぜて食べてみても美味しいですよ。

  • ●大麦若葉と18種の健康グリーン素材配合
  • ●風味豊かな緑茶と緑茶をプラス!
  • ●化学合成農薬・化学肥料不使用の大麦若葉がたっぷり!

ふるさと青汁

ふるさと青汁ふるさと青汁はアシタバ(明日葉)を原料としています。

青汁は野菜不足の解消に良いというのは今ではよく知らていますが、アシタバにはこれにプラスして、アシタバ特有成分の薬理作用のあるカルコンが含まれています。

ふるさと青汁は他の青汁と異なり、葉の部分だけでなく根っこまで原料として使用しています。明日葉の根には、明日葉固有成分のカルコンがたっぷり入っており、食物繊維が豊富で有名なゴボウよりも多くの食物を含んでいますので、このアシタバを根まで丸ごと使ったふるさと青汁は、便秘の人におすすめです。

味も抹茶風味にすっきり飲みやすく仕上がっています。明日葉を根まで使用した贅沢な青汁を一度お試してみてください。

  • ●ケールより栄養価が高い明日葉を使用
  • 食物繊維たっぷりの明日葉の根まで使用!
  • ●アシタバ成分のカルコンがむくみ解消

ファンケル本搾り青汁ベーシック

ファンケルの本搾り青汁ベーシックは、野菜の王様と言われる「ケール」を使用しています。原料のケールは100%国内産です。ファンケル契約農家のミネラル土壌で育てられたケールをまるごと粉末にしているにもかかわらず、粉末特有のざらつき感もなく本格的な搾りたて青汁を味わうことができます。

1杯で1食分の緑黄色野菜量を補えるように作られていますし、着色料・食塩・保存料・香料が無添加ですから健康管理にもおすすめできます。

本搾り青汁ベーシックは青菜特有の青臭さもなく口コミでも人気です。さらりとして溶けやすく簡単に飲めます。翌日のスッキリや野菜不足の解消にもお役立ち!と評判です。

本搾り青汁ベーシックは植物性ツイントースというオリゴ糖の一種を配合することで、カルシウムの吸収率を高めています。もともとケールの植物性のカルシウムは牛乳などに比べて吸収が良いので、カルシウム不足を補うにはファンケルの本搾り青汁ベーシックがおすすめです。

  • ●1本で1食分の緑黄色野菜量を摂取!
  • ●着色料・食塩・保存料・香料が無添加
  • ●原料のケールは国内契約農家で栽培

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁は、食後の血糖値の上昇を抑える難消化性デキストリンが配合された特定保健用食品の青汁です。

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにトウモロコシから作られている水溶性の食物繊維の一種ですから、そういう意味では食物繊維の量はダントツに多い青汁です。

青汁では珍しい特定保健用食品(トクホ)となっています。

お腹いっぱい食べてしまう、甘いものやお酒がやめられない、外食が多いなど、食生活が乱れている方はもちろん血糖値が気になる方に人気の青汁です。

おすすめの飲み方は、お水で溶いて食事と一緒に摂る方法です。こうすることで、食後の糖の吸収を穏やかにするとともに野菜不足も補えます。

大正製薬らしく薬のようなパッケージになっていますが、大麦若葉の青汁で、飲みやすくするため抹茶を配合したスッキリとした味わいで毎日飲むことに全く抵抗がありません。

もちろん、主原料の大麦若葉も農薬不使用の有機大麦若葉を使用していますから安心ですね。

今なら1か月分が1,000円(税別)で始められます。

  • 特定保健用食品の青汁
  • ●食後の血糖値を抑える難消化性デキストリン配合
  • ●有機大麦若葉と抹茶配合で飲みやすい!
imp

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>は、大麦若葉の青汁にキトサンを配合した青汁です。

キトサンは、コレステロールの吸収を抑える働きがあるため、野菜不足を補うだけではなく、脂っこい食事が好きな方や甘いものが好きという方にさらにおすすめです。

原材料の大麦若葉は農薬不使用の有機大麦若葉を使用しています。大麦若葉はビタミンB2や葉酸、鉄分など栄養の宝庫です。

コレステロールをコントロールしながら野菜不足を解消し、栄養補給ができる青汁は、毎日の健康をサポートしてくれます。

  • ●コレステロールを下げる働きのあるキトサン配合
  • ●農薬不使用の有機大麦若葉は栄養の宝庫
  • ●抹茶配合で飲みやすいトクホの青汁
imp

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁は、青汁の栄養価をぎっしりと詰め込んだ粒の青汁サプリメントです。

粒になっている青汁ですから、飲みにくいなどの問題はありません。一気に飲み込むだけです。

ですから、おいしさにこだわる必要もなく、栄養価にこだわって作ることが可能なのです。

青汁の代名詞とも言える栄養価の高いケールを使い、クロレラや長命草を加えて、栄養価をしっかりと粒の中に詰め込んであります。

水に溶かす青汁は、毎日飲むとなると面倒ですが、粒の青汁なら継続するのも難しく無いでしょう。

青汁が苦手な人にこそおすすめです。

  • 粒の青汁だから飲み込むだけ!
  • ●ケール・クロレラ・長命草を配合した青汁
  • ●ビタミン・ミネラル・食物繊維・アミノ酸・葉緑素がぎっしり!

濃い藍の青汁

藍の青汁国産有機の大麦若葉をベースに、食物繊維とミネラルの宝庫でスーパー薬膳野菜である藍を使った青汁。オリゴ糖を加えたことで飲みやすく仕上がっています。

一般的な青汁の原材料であるケールや明日葉と比較しても食物繊維が多く含まれています。他にも、鉄分はケールの3倍、亜鉛はケールの6倍、さらにはポリフェノールはレタスの10倍も含まれているのです。

なんだか、味の想像がしにくい青汁ですが、全く癖のない味で、青汁全体で見ても、とても飲みやすい青汁です。

含有量が決して多いとは言えないのですが、成分的には食物繊維にポリフェノール、オリゴ糖ですから、腸内フローラを整えるのにはピッタリの青汁といえます。

  • ●藍など8種類のハーブをブレンドした青のハーブティープレゼント中!
  • 食物繊維、ミネラルが豊富に含まれたスーパー薬膳野菜の藍を使った青汁!
  • ●国産有機の大麦若葉がベースだから飲みやすい!

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、さつまいもの29倍の食物繊維があるクマイザサの青汁ジュレです。

更に、ほとんどが食物繊維でできている寒天を使ってジュレにしていますから、腸内細菌の餌となる食物繊維がとっても豊富なのです。

さらに乳酸菌100億個が含まれるなど、腸内フローラを整えるにはピッタリの青汁といえるでしょう。

ジュレになっている青汁で、水に溶かす面倒もありません。

粒ではないので、味の好き嫌いはどうしてもありますが、青汁特有の青臭さはありませんし、抹茶ゼリーのように仕上っていますので、お菓子感覚で食べられますよ。

  • ●さつまいもの29倍の食物繊維があるクマイザサの青汁
  • ●約40種の植物発行エキスを凝縮!
  • ●お米由来の乳酸菌100億個!

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールド神仙桑抹茶ゴールドは、色んな青汁を飲んだ中で、こんなにおいしい青汁があったのか!と目覚めた青汁青汁です。

他の青汁とは原材料から異なっていて、福岡にあるお茶屋さんが作った神仙桑抹茶という桑の葉を抹茶にしたお茶に、カリウムなどのミネラルが豊富なシモンや緑茶をブレンドして仕上げた青汁は、本当にお抹茶を飲んでいるかのような味わいです。

それでいてカルシウムはケールの約9倍、鉄分はほうれん草の約12倍、食物繊維はレタスの約34倍、ビタミンEはモロヘイヤの約8倍、カリウムはゴーヤの約6倍、ビタミンKはブロッコリーの約25倍という栄養素がたっぷりの青汁に仕上がっています。

子供でも毎日ごくごく飲める青汁として、一押しの美味しさです。そのまま飲んでもおいしいですが、子供たちは牛乳と混ぜて抹茶ミルク風にして飲んでいます。

無農薬栽培・完全無添加の安心・安全で、しかも、おいしい青汁なのです。

1箱60包入り5,985円(税込・送料別)、1包あたり99.75円です。

  • ●130万箱突破
  • 残留農薬ゼロなど安心・安全な青汁!
  • ●ごくごく飲める抹茶味

青汁ゴーヤ

青汁を始めてみたいけど、独特の風味が苦手という方に大好評の粒タイプの青汁、それが青汁ゴーヤです。いつでも手軽に飲めることや携帯にも便利なことで、野菜不足が気になる方々に人気があります。

青汁ゴーヤの原料は、ビタミンやミネラル、食物繊維などの多彩な栄養素を備えた栄養の宝庫、大麦若葉と、特有の苦み成分をはじめ多彩な健康成分を含む沖縄のスタミナ野菜であるゴーヤです。

大麦若葉は、手作業で刈り取ったものを絞らずに、まるごと粉砕して使用しています。またゴーヤは、ふだん食材として使う実はもちろん、健康成分が蓄えられている種やワタからもエキスをしっかり抽出して、ゴーヤをまるごと贅沢に使用しています。

これらの原材料の独特の青臭さのある青汁と苦みのあるゴーヤを毎日手軽に摂ることができるように、粒タイプに仕上げるとともに、フラクトオリゴ糖と愛知産の抹茶をプラスして、ほのかな甘みと抹茶の上品な風味でおいしく続けられる青汁になっています。

  • ●青汁独特の風味が苦手な方も飲みやすい粒タイプ
  • ●栄養豊富な大麦若葉とスタミナ野菜ゴーヤを凝縮
  • ●オリゴ糖と抹茶を加えたおいしい青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

人気モデルのぺこちゃんが毎日飲んでいるというフルーツ青汁がこのめっちゃぜいたくフルーツ青汁です。

大麦若葉がベースの青汁ですが食物繊維が豊富なクマザサや明日葉など人気の青汁原料を使用し、181種類の酵素や乳酸菌も配合されています。

さらにはダイエット時に気になる肌荒れ対策にセラミド、プラセンタ、ヒアルロン酸という人気の美容成分も配合されています。

人気のフルーツ青汁の中では後発商品だけあって、めっちゃ贅沢に配合されています。

  • ●181種の酵素がダイエットをサポート
  • ●こだわりの国産青汁素材を4種も使用
  • ●美容成分6種配合

サンスター健康道場 粉末青汁

サンスター健康道場の粉末青汁は、100%国産の野菜5種類を厳選した青汁です。普段から野菜不足が気になる方や手軽にしっかり青野菜を摂りたいという方にピッタリの青汁です。

日本人の多くの方が野菜不足に悩んでいます。サンスター健康道場の粉末青汁なら、たった1杯で野菜約100gを補うことができます。平均的に1日あたり約58gの野菜が不足しているという統計からすると、十分にその不足を補うことができます。

青汁の原料には様々なものが使われますが、サンスターの粉末青汁は、青野菜5種類だけを使用しています。甘味をプラスしたり、お茶風味を加味したいりということを一切していません。5種類の厳選国産野菜をそれぞれの栄養素を最大限活かせるように独自配合しています。その5種類の野菜とは、大麦若葉、ケール、明日葉、モロヘイヤ、ブロッコリーです。

サンスター健康道場の粉末青汁は、1杯で約100g相当の野菜を取ることができます。成人が1日当たり350g以上の野菜の摂取が推奨されている中、日本人の平均野菜摂取量は292gと言われています。粉末青汁を1杯飲むことでこの不足分をきっちり補うことができます。

5種類の国産野菜を添加物を一切使用せずに作られた安全・安心な青汁なので、子供からお年寄りまで安心して飲むことができます。

  • ●100%国産の野菜5種類を厳選配合
  • ●1杯で野菜役100g分を補える
  • ●添加物一切不使用!材料は野菜だけ

青汁は効果なしの噂の真相!

「青汁を飲んでも何も効果を感じない」「青汁は効果なし!」と思っている人も少なくないようです。

そもそも、市販の青汁はサプリメントですから、栄養補助食品にあたります。従って、効果効能は基本的には期待できません。効果なし!と言われたところで間違いでもありません。

ただし、人によっては効果を感じている人も少なくないわけで、そうでないとこんなに沢山の青汁が売られているわけはないのです。

ちょっと試しに飲んでみて、効果なし!と思ったら、もう一度買うことはありませんよね。仮に定期購入したとしても解約してしまうはずです。

しかし、現実には青汁の売上は1,000億円を超えると言われています。その位沢山の人が購入しているのです。キューサイの有名な青汁のCMは1990年代に始まっていますからかれこれ30年経ちます。

青汁に全く効果がないのであれば、ここまで長く人気にはならないでしょう。青汁は今や野菜不足解消のサプリメントの代表格です。

青汁は青菜の汁です。青菜を液体状にした汁が青汁ですから、想像してもらうとわかるように、おいしそうなものではありません。

生の青菜を大量に食べることはなかなか難しいですが、青汁のようにしてしまえば、そのまま食べるより遙かに沢山食べることができそうですよね。

だから青汁は身体にいいといわれているのです。

簡単に言ってしまえば、野菜を食べる代わりが青汁なのです。

青汁を飲めば野菜を食べたのと同じ効果があるの?

青汁を飲もうと思うきっかけって何でしょう?野菜不足を補う為に青汁を飲んでみようという人が多いのではないでしょうか。そもそも青汁は、健康維持の為には野菜を沢山食べる必要があるけれど、食べられる野菜の量には限界があることから野菜を粉砕することでもっと沢山の野菜と摂ろうということで作られたものです。青汁の効果というのは原料の青菜の効果にほかなりません。私たちに不足しがちな野菜を補うために青汁を飲むと考えるのが最も自然でしょう。

「野菜不足を補うおすすめ青汁ランキング」の続きを読む

青汁は原材料成分で効果も異なる

当たり前ですが、青汁は原材料によって効果効能は異なります。

青汁の原材料には、ケールや明日葉、大麦若葉などが有名ですが、どの青菜もそれぞれ栄養価が異なります。

青汁の原料としては最も有名なのがケールですね。ケールは野菜の王様といわれるだけあってカルシウムやビタミンCなどが他の青菜に比べると格段に多く含まれています。

青汁=マズイというイメージがあるのはこのケールの青汁です。ケールを使うとどうしても青臭い傾向になります。今でもケールを使っている青汁はその傾向があります。そのためかケールの青汁はあまり多くありません。

それでも最近のケールの青汁は昔の青汁のような、罰ゲームに使えるような不味さはかなり減っていまして、ちょっと青臭さがある程度に仕上っています。

青汁の原材料成分で比較

青汁は原料となる青菜によってその効果が異なりますが、効果の違いを飲み比べることで分かるかというと難しいところでしょう。飲んですぐに効果が分かるというものではなく飲み続けることで効果がみられるものですし、効果の出方も人それぞれです。しかし、どんな青汁にしようかと迷っているなら、原料や味への工夫などを比較して選ぶのがポイントになります。

「青汁の原材料成分で比較」の続きを読む

最近の青汁は"おいしい"とよく言われます。

”おいしい”と一口に言っても文句なしに『おいしい』と感じる青汁と『あっ飲みやすい、これなら毎日ストレスなく飲める』というおいしさなどがあるでしょう。

青汁は青菜の汁を飲んでいるのですから本来はおいしいものではないと考えた方がいいのです。青菜というのは、虫などに食べられないように苦みがあったりするものなので、子供などは特においしいとは思わないでしょう。

実際、青汁が最初に世間に認知されたのは、キューサイの「う~まずい、もう一杯」というCMではないでしょうか。

ところが最近は、そんな不味い青汁を美味しくなるように飲みやすくなるように各青汁メーカーが色んな工夫をしているのです。

そのおかげで人気の青汁で「不味い!」という青汁はあまりありません。とはいえ全くないわけでもありません。

では、本当においしいのか?と訊かれると”おいしい”と言い切るには微妙な味の青汁が多いのも事実です。

おいしい青汁はどれ?!

青汁は飲んでみないと味は分かりません。しかし、一般的に青汁は不味いと思われていますから、どれがおいしい青汁なのかは気になるところでしょう。味は個人差が大きいので実際に飲み比べれば一番いいのですが難しいのが現実です。味のヒントになるポイントなどを含めておいしい青汁を紹介していきたいと思います。

「おいしい青汁はどれ?!」の続きを読む

青汁の比較は難しいので人気で選ぶ

いざ青汁を飲もうと思っても種類がたくさんあり過ぎて何を基準に選べばいいのか混乱してしまう人もいるでしょう。人気が出るとそれを追随するように色々な会社が作りますから選ぶ方としてはなかなか大変でもあります。

青汁を比較する時によく使われる要素は『原材料』『味』『価格』『口コミ』です。

原材料に何が使われているのかで栄養素も異なりますし、味も異なります。

毎日飲むならおいしい青汁が飲みたいでしょうが、味は飲んでみないとわからないので、一番無難なのは人気の青汁を選んでしまうことでしょう。人気の青汁で不味いものはあまりないと思って大丈夫でしょう。

青汁は毎日飲みたいものですから価格も比較しなければなりません。

味も価格も人気の青汁なら平均的なところですから、失敗は少ないと言えるでしょう。

更新日:2019/09/19 7:07:54

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。