ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン

大正製薬の大麦若葉青汁キトサンは、コレステロールが気になる方に特に飲んでほしい青汁です。

青汁を積極的に飲む方は、野菜不足や食生活が乱れていることを気にしている方が多いのですが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンは、野菜不足を補うだけではなく、コレステロール値を低下させる働きのある青汁です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンは、このコレステロール値を下げる効果により特定保健用食品に指定された青汁です。

食生活がなかなか改善できない人は大正の大麦若葉青汁キトサンを!

野菜不足を気にしてはいても、肉や揚げ物などの脂っこい食事が好きだったり、甘いものが好きという方は、なかなか食事の改善ができないものです。そんな方は、大正のヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを食事と一緒に飲むことで食生活の改善の手助けになるかもしれません。

というのも、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンは、コレステロールの吸収を抑えるキトサンを配合したおいしい青汁だからです。

大正の青汁には、食物繊維が豊富で栄養価の高い原料だけではなく、体の働きを助ける要素をプラスした青汁がたくさん販売されています。大麦若葉青汁キトサンは、その名のとおりキトサンを配合することでコレステロール値を気にされる方をサポートしています。これ以外にも、血糖値が気になる方向けに難消化性デキストリンを配合した青汁なども作っています。

これらはいずれも野菜不足などを補いながら、体の不調を改善する手助けをしてくれます。

大麦若葉青汁キトサンはコレステロールの吸収を抑える働きがある

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンがコレステロールの吸収を抑えることができるのですが、その仕組みを紹介します。

毛中コレステロールの流れは、通常、肝臓で胆汁酸となり省庁へ分泌された後、一部は再吸収されて肝臓へ戻るというものです。キトサンは、この再吸収を抑制して、便として排泄してくれる働きがあるのです。キトサンが働くことで、血中コレステロールが通常よりも活発に使用されるため。結果的に血中コレステロール値が低下していくことになるのです。

サントリーでは、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを摂取することによる悪玉コレステロール値の推移を確認する試験を行っています。その結果、大麦若葉青汁キトサンを継続して飲んでいる被験者群の悪玉コレステロール値が有意に低下していることが確認されました。

有機大麦若葉と抹茶風味でおいしく続けられる青汁

青汁は美味しくないというイメージを持っている方が、まだまだ多いですが、大麦若葉を原料とする青汁は、非常に飲みやすく、青汁初心者には、特におすすめの青汁です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンもその名のとおり、大麦若葉を主原料とした青汁です。大麦若葉は、栄養価も高く、大麦若葉粉末100gと野菜を比較してみますと、ビタミンB2はアスパラガスの約9.5倍、葉酸は小松菜の約6.5倍、鉄分はほうれん草の約8.8倍も含まれています。このように栄養豊富な大麦若葉を原料としている青汁ですので、マイに飲み続けることで、普段の食生活で不足しがちな栄養を補うことができます。そして、その原料の大麦若葉は、農薬を使用せず育てた有機大麦若葉を使用しているということですから、さらに安心して飲めます。

毎日続けて飲む青汁だから、飲みやすさも大切です。大麦若葉の青汁は飲みやすい青汁と言われていますが、ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンは、さらに美味しく飲めるように、抹茶を配合しています。抹茶風味だから、食事と一緒の飲むこともでき、おいしく毎日続けることができます。

実際に大麦若葉青汁キトサンを飲んでみました!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを実際に飲んでみました。

私は健康のために青汁を結構飲み続けています。しかも、半分以上趣味で、いろんな青汁を飲んでいます。そんな中でヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンを飲んだ感想としては、癖もなく飲みやすい青汁というものです。

大麦若葉の青汁は、一般的に飲みやすいといわれていますが、抹茶風味ということも飲みやすさを後押ししています。私の好みとしては、青臭いくらいの青汁が飲んだ!という気がして好きなので、癖がなくサラッと飲めるタイプの青汁には若干物足りなさを感じますが、青汁をこれから始めようという方には、この飲みやすさが正にちょうど良くおすすめの青汁と言えるでしょう。

飲み方は、簡単で、冷たいお水100mlに1スティックをサラサラっと入れて簡単に混ぜるだけで溶けます。簡単に混ざるので、粉がのどに引っかかるような感じもありません。抹茶風味ですが、熱いお湯で飲むのはおすすめしません。何となく、野菜の栄養価が壊れてしまうような気がするからです。

お水で飲むのがあっさりしすぎて物足りないという方には、牛乳に混ぜる、豆乳に混ぜる、オレンジジュースと混ぜるなどのアレンジした飲み方もありますので試してみてください。

飲むタイミングも、食事の妨げとなる濃い味ではありませんので、食事と一緒に飲まれるのもよいでしょう。コレステロールの吸収を抑える効果を考えて、食事のあとにグッと飲むのもよいかもしれません。

なかなか食事の改善ができないという方も、青汁を毎日飲むことならできるはずです。食生活の改善の一歩として、青汁を飲むことから始めてみてはいかがでしょうか。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>は、大麦若葉の青汁にキトサンを配合した青汁です。

キトサンは、コレステロールの吸収を抑える働きがあるため、野菜不足を補うだけではなく、脂っこい食事が好きな方や甘いものが好きという方にさらにおすすめです。

原材料の大麦若葉は農薬不使用の有機大麦若葉を使用しています。大麦若葉はビタミンB2や葉酸、鉄分など栄養の宝庫です。

コレステロールをコントロールしながら野菜不足を解消し、栄養補給ができる青汁は、毎日の健康をサポートしてくれます。

  • ●キトサン配合でコレステロール値が低下
  • ●農薬不使用の有機大麦若葉は栄養の宝庫
  • ●抹茶配合で飲みやすい特定保健用食品の青汁
imp

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁は、食後の血糖値の上昇を抑える難消化性デキストリンが配合された特定保健用食品の青汁です。

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにトウモロコシから作られている水溶性の食物繊維の一種ですから、そういう意味では食物繊維の量はダントツに多い青汁です。

青汁では珍しい特定保健用食品(トクホ)となっています。

お腹いっぱい食べてしまう、甘いものやお酒がやめられない、外食が多いなど、食生活が乱れている方はもちろん血糖値が気になる方に人気の青汁です。

おすすめの飲み方は、お水で溶いて食事と一緒に摂る方法です。こうすることで、食後の糖の吸収を穏やかにするとともに野菜不足も補えます。

大正製薬らしく薬のようなパッケージになっていますが、大麦若葉の青汁で、飲みやすくするため抹茶を配合したスッキリとした味わいで毎日飲むことに全く抵抗がありません。

もちろん、主原料の大麦若葉も農薬不使用の有機大麦若葉を使用していますから安心ですね。

今なら1か月分が1,000円(税別)で始められます。

  • 特定保健用食品の青汁
  • ●食後の血糖値を抑える難消化性デキストリン配合
  • ●有機大麦若葉と抹茶配合で飲みやすい!
imp
更新日:2016/06/02 13:20:15

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • 大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁はトクホの青汁!大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁はトクホの青汁!
    大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁は血糖値が気になる方におすすめの青汁です。ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、野菜不足を補いつつ、食後の血糖値の上昇を抑える効果のある特定保健用食品の青汁です。
  • 青汁ダイエットで腸内フローラを整えて太らない身体に!青汁ダイエットで腸内フローラを整えて太らない身体に!
    青汁ダイエットというと最近はフルーツ青汁が大人気です。かつては青汁の食物繊維による便秘改善などでダイエット効果が期待されてましたが最近の研究では腸内フローラを整え太りにくい身体を作れる可能性もありそうです。
  • 大麦若葉の青汁比較ランキング 大麦若葉の青汁は飲みやすい!大麦若葉の青汁比較ランキング 大麦若葉の青汁は飲みやすい!
    大麦若葉の青汁はとても飲みやすく今ではスーパーなどでも売られていて、とても入手しやすい青汁です。ビタミンやミネラルも豊富に含まれていて飲みやすい大麦若葉の青汁は青汁初心者におすすめ!そんな大麦若葉の青汁の人気ランキングを紹介しています。
  • 乳酸菌が入った青汁で腸内フローラを整える乳酸菌が入った青汁で腸内フローラを整える
    世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁は野菜の栄養素・食物繊維だけではなく、乳酸菌も一緒に摂れる青汁です。無農薬・化学肥料を使わず育てた国産の大麦若葉を主原料とした青汁で、食物繊維や野菜が不足しているときになる方だけではなく、腸内フローラを整えたい方にもおすすめです。