ヘルスマネージ乳酸菌青汁

大正製薬のヘルスマネージ乳酸菌青汁は、

ヘルスマネージ乳酸菌青汁の評判/殺菌乳酸菌とは

殺菌乳酸菌というのは、乳酸菌を加熱殺菌処理して加工したものです。昔は乳酸菌は生きていないと意味が無い風潮でしたが、生の乳酸菌を食べても胃で消化されて生きたまま腸には届かないという話もあり、一方で、死滅していても免疫刺激作用があったり、生きた菌の餌になるとか、それなりに効果があるという意見もあります。

要するによく分からないけど、それなりに効果はあるようだというのが最近の傾向のように思います。

生きた乳酸菌と殺菌乳酸菌で比較すると、殺菌乳酸菌の方が製造するには都合がいいんですね。生きている場合はpHや温度管理などが大変ですが、殺菌乳酸菌であれば常温管理ですみますし、工場での汚染リスクも逓減されるなどとてもメリットが大きいのです。

そのため、最近は殺菌乳酸菌を使った商品開発が活発なのです。

青汁は食物繊維が多い食品になりますが、食物繊維といえば腸内環境への効果が期待されます。そして乳酸菌もどうように腸内環境の効果が期待されますから、そういう意味で、青汁と乳酸菌の相性は最高にいいのです。

私は個人的に青汁と一緒に乳酸菌を飲むこともよくあるので、青汁に乳酸菌が入っているのはとても嬉しいです。

ビオフェルミン製薬のビフィズス菌

乳酸菌では有名なビオフェルミン製薬のビフィズス菌も配合されています。

ビオフェルミン製薬は大正製薬のグループ会社に当たりますから、不思議なことでもなんでもありません。

有機大麦若葉と抹茶風味でおいしく続けられる青汁

大正製薬の青汁に共通しますが、九州産の農薬不使用の有機大麦若葉を丸ごと使用しています。大麦若葉の青汁ですから、恐らくはそのままでも十分においしいのだとは思いますが、抹茶を配合することで更に飲みやすくなっています。

ヘルスマネージ 乳酸菌青汁

大正ヘルスマネージ乳酸菌青汁

大正ヘルスマネージ 乳酸菌青汁は、大麦若葉の青汁に乳酸菌を配合した青汁です。

1杯に約200億個の乳酸菌を配合しています。ヨーグルトの約20個分に相当します。乳酸菌の中には有名なビオフェルミン製薬のビフィズス菌も入っているんです。

青汁の原材料は、九州産の農薬不使用の有機大麦若葉を丸ごと使っています。

腸内で善玉菌の餌になる食物繊維も不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランス良く2:1の割合で入れています。レタスの1.6個分に相当します。

  • ●1杯に約200億個の乳酸菌を配合
  • ●農薬不使用の有機大麦若葉は栄養の宝庫
  • ●不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を黄金バランスで配合
更新日:2021/03/18 10:57:00

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。