青汁の原材料

青汁は原料となる青菜によってその効果が異なりますが、効果の違いを飲み比べることで分かるかというと難しいところでしょう。

飲んですぐに効果が分かるというものではなく飲み続けることで効果がみられるものですし、効果の出方も人それぞれです。

しかし、どんな青汁にしようかと迷っているなら、原料や味への工夫などを比較して選ぶのがポイントになります。

青汁の主原料と言えば、かつてはケールというイメージでしたが、最近はケールよりも大麦若葉や明日葉を使った青汁方が種類が多いですし、他にも桑の葉やクマザサなどの青汁もあります。

青汁は青菜を使用するためどうしても青臭い味になりがちです。そのため各社とも抹茶風味にしたりフルーツ風味に仕上げたりすることで、草の汁を飲んでいるという感覚がなくなるように風味を利かせています。おかげで最近の青汁では全く罰ゲームにならないわけです。それでも中にはガツンと来る青汁らしい青汁もないわけではありません。

青汁の原料である各青菜に共通に言えるのは食物繊維が豊富で、ビタミンも豊富というところです。青菜ですから当然と言えば当然です。

青汁といえばケール!不味いイメージはケールの青汁のイメージ

青汁の原料としては最も有名なのがケールですね。ケールは野菜の王様といわれるだけあってカルシウムやビタミンCなどが他の青菜に比べると格段に多く含まれています。

青汁=マズイというイメージがあるのはこのケールの青汁です。ケールを使うとどうしても青臭い傾向になります。今でもケールを使っている青汁はその傾向があります。そのためかケールの青汁はあまり多くありません。

それでも最近のケールの青汁は昔の青汁のような、罰ゲームに使えるような不味さはかなり減っていまして、ちょっと青臭さがある程度に仕上っています。それでも癖がありますから苦手な人は苦手でしょう。

また、ヤクルトのケールの青汁なんかはにおいが強烈です。味はともかく、いかにも草の汁という臭いが私は全くダメです。正直なところあの臭いだけで罰ゲームに使えると思うくらいです。

どうしても青汁で罰ゲームをしたいと言うことであればケールを使った生青汁というジャンルもあります。これだと、かつてのマズイ青汁を彷彿させてくれます。本当の健康志向の人はこういう青汁を選ぶようですが、高価ですし何よりマズいので継続できる人は限られてしまいますね。あとはサンスターの粉末青汁も青汁らしい青汁の味をしていますよ。

ケールの青汁はコチラ

明日葉の青汁もちょっと癖がある感じ

そんなケールに代わって人気なのが明日葉です。

明日葉にはデトックス効果のあるカルコンというポリフェノールが含まれていますし、カリウムも豊富なためどんよりしがちな身体を内側から健康的にリフレッシュしてくれるのです。

しかしながら、明日葉の青汁も若干ですが癖があるのです。青臭いというのではありませんが人によって好き嫌いが出るとは思います。

ただ、食物繊維を期待するのならゴボウを超える含む明日葉はおすすめです。

明日葉の青汁はコチラ

癖のない大麦若葉の青汁が一番人気!

そして今、最も種類が多いのが大麦若葉の青汁です。

大麦若葉の青汁は、青臭さは全く無く色以外は青汁らしさがないと言えるでしょう。

実際、人気の青汁は抹茶などでおいしく仕上げているのですが、抹茶の味しかしないくらい青汁らしさはありません。

ちょっと物足りないくらいのパンチの無さが気にならなければ、飲みやすい青汁という点でいえば一番おすすめです。

大麦若葉の青汁はコチラ

ちなみに、私は明日葉の青汁が気に入っています。大麦若葉はなんとなく物足りない印象があるのと、身体の反応も明日葉の青汁を飲んだ時が一番合うのかな?と思っています。

やはり人それぞれ、体調も違うでしょうから、一つの青汁を飲んで青汁が良いとか悪いとか考えるのではなく、いくつかの青汁を試してみるのが一番おすすめではあります。

更新日:2018/03/26 10:44:37

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。