本格的に野菜不足が補える!本搾り青汁プレミアム

ファンケル本搾り青汁プレミアムは、ケールの生葉100%の栄養価の高い青汁です。

無農薬で育てるケールの農場にもこだわり、ミネラルの吸収性をアップさせる独自成分を配合するなど、1本で1日分の厚生労働省が定める緑黄色野菜が摂れる青汁に仕上がっています。

野菜不足を補うにはぴったりの青汁といえそうです。

本格的に野菜不足が補える!

ファンケル本搾り青汁プレミアムは、しっかりとケールを実感できる味になっています。

本格的に野菜不足を補える本搾り青汁プレミアムは、飲むとケール独特の香りや味があるのですが、細かい粉末になっているのでのどに残るようなこともなく、サラッと飲めます。

とはいえ、青汁初心者の方なら少し青臭さを感じてしまうかもしれませんが、それだけ栄養価が高いということですので、続けて飲んでみましょう。ケールの青臭さを感じない飲み方もありますので、後ほど紹介します。

初めから青臭いとか書いてしまいましたが、ファンケルの本搾り青汁プレミアムはケール生葉を約120gも配合した青汁です。

ケールの生葉120gというのは、一日に必要とされる緑黄色野菜が120gといわれているので、これ1本を飲むだけでその量を満たすことができるということです。忙しくて食生活が不規則になっている、野菜がきちんととれていないと気になる方には是非試してみてほしい青汁です。

無農薬・ミネラル農法で育てたケール100%

ファンケル本搾り青汁プレミアムの原料は無農薬・ミネラル農法で育てられたケール100%です。

ファンケルがこだわるミネラル農法とは、ケールを栽培する土壌からこだわり、土壌のミネラルバランスが最適になるように、過剰な成分を抑えて足りない成分を補うという方法を取っています。ミネラル豊富な土壌で育ったケールもミネラルが豊富に成長するという仕組みです。このように作物のミネラルバランスが高まるように土壌のミネラルを抑制・補給する農法をミネラル農法といいます。

原料となっているケールは、ビタミンC、カルシウム、βカロテン、マグネシウムなどのミネラル成分が、大麦若葉に比べ非常に豊富です。またカルシウムも豊富で、吸収性にも優れています。これにさらにファンケル独自の機能成分である植物性ツイントースを配合することで、吸収されにくいカルシウムなどのミネラルの吸収率を高める働きをアップしています。

ファンケル独自の植物性ツイントースとは、もともと体内に吸収されにくいと言われている成分ですが、この吸収率をアップするためにファンケルが独自に開発した成分です。開発というと、人工的なイメージですが、植物生まれの天然成分ですから安心です。植物性ツイントースは、チコリの根に含まれる多糖類から作られています。この成分を配合することでミネラルの吸収率は1.4倍にアップします。

しっかりとケールの濃さが実感できる!実際に飲んだ感想

ファンケル本搾り青汁プレミアムを実際に飲んでみました。しっかりと青汁本来の味がありました。

初めて青汁を飲むという方には、ちょっとキツイかもしれませんが、これこそが本当の青汁なのよ!という味です。旦那も飲みましたが、うっ!という感想でした。

本搾り青汁ベーシックだとあまりに飲みやすくて物足りなさを感じるらしく、プレミアムの方が良いと言っています。良薬は口に苦しに近い感想なのでしょう。

私自身は、他にもケールを主原料としている青汁を飲んだことがあるのですが、生搾り青汁プレミアムは、ケール100%とであるのにすごく飲みやすかったです。まず、水と混ざりやすいことに驚きました。混ざりやすいということは、飲んだときにも、のどに引っかかるような感じがなくサラッとしているということです。

ケール100%なのに本搾り青汁プレミアムが飲みやすい理由は、その製法にあります。ファンケルマイルドテイスト製法という独自の方法を取っているファンケルでは、ケール本来の栄養を損なわず美味しさを活かすような方法が取られています。

ケールの葉を1枚1枚丁寧に手摘みし、低温で輸送することで鮮度を保ち、水だけで丁寧に洗浄し、素早く青汁に適したサイズにカットしたケールを冷凍乾燥して粉砕してフリーズドライ粉末にします。この粉末だけではなく、カットしたケールを栄養価を壊さずに搾汁した後、搾汁液をスプレー状に噴霧して急速乾燥させたスプレードライ粉末をフリーズドライ粉末とブレンドして出来上がります。スプレードライ粉末にすると、青臭さと粉っぽさが少なくなるということで、ケールなのに飲みやすいというと思ったのですが、納得です。

ファンケル本搾り青汁プレミアムをはこんな方へおすすめ

たった1本を飲むだけで、緑黄色野菜の推奨摂取量の一日分120gが摂れる本搾り青汁プレミアムは、手軽にしっかりと栄養が摂れるので、きっちりと栄養補給したい方におすすめの青汁です。

青汁を始めて飲むという方には、若干衝撃かもしれませんが、ケール原料の青汁の中でもダントツに飲みやすいことは間違いないです。

外食が多い、コンビニ弁当やインスタント食品を取ることが多いなど食生活が乱れている方や、日々の食事で野菜がしっかり摂れていないと感じている方に特におすすめです。

ファンケル本搾り青汁プレミアム

ファンケルの本搾り青汁プレミアムは、野菜の王様と言われる「ケール」を使用しています。本搾り青汁ベーシックではケール生葉40gを使用していますがプレミアムでは3倍の120gも使用しています。そのため本搾り青汁プレミアムを1杯飲むだけで厚生労働省が定める1日分の緑黄色野菜の摂取量が補えるようになっています。

その分、ベーシックと比較するとかなり青臭くなっているのでその点は注意が必要かもしれません。

原料のケールは100%国内産で着色料・食塩・保存料・香料が無添加ですから健康管理にもおすすめできます。

本搾り青汁プレミアムも植物性ツイントースというオリゴ糖の一種を配合することでカルシウムの吸収率を高めて、尚且つ甘みもありますから飲みやすくなっています。

  • ●1本で1日分の緑黄色野菜量を摂取!
  • ●着色料・食塩・保存料・香料が無添加
  • ●原料のケールは国内契約農家で栽培

プレミアムではありませんが、本搾り青汁ベーシックが初回限定の特別価格で購入できます。

ファンケル本搾り青汁ベーシック

ファンケルの本搾り青汁ベーシックは、野菜の王様と言われる「ケール」を使用しています。原料のケールは100%国内産です。ファンケル契約農家のミネラル土壌で育てられたケールをまるごと粉末にしているにもかかわらず、粉末特有のざらつき感もなく本格的な搾りたて青汁を味わうことができます。

1杯で1食分の緑黄色野菜量を補えるように作られていますし、着色料・食塩・保存料・香料が無添加ですから健康管理にもおすすめできます。

本搾り青汁ベーシックは青菜特有の青臭さもなく口コミでも人気です。さらりとして溶けやすく簡単に飲めます。翌日のスッキリや野菜不足の解消にもお役立ち!と評判です。

本搾り青汁ベーシックは植物性ツイントースというオリゴ糖の一種を配合することで、カルシウムの吸収率を高めています。もともとケールの植物性のカルシウムは牛乳などに比べて吸収が良いので、カルシウム不足を補うにはファンケルの本搾り青汁ベーシックがおすすめです。

  • ●1本で1食分の緑黄色野菜量を摂取!
  • ●着色料・食塩・保存料・香料が無添加
  • ●原料のケールは国内契約農家で栽培
更新日:2018/02/23 9:07:07

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • 野菜不足を補うおすすめ青汁比較ランキング!野菜不足を補うおすすめ青汁比較ランキング!
    日本人は総じて野菜不足気味なのです。野菜不足で栄養不足を補う為に青汁を飲むという人も多いのです。でも、青汁を飲めば野菜を食べたのと同じ効果があるの?野菜不足を補うための青汁ってあるの?などの疑問を追求してみます。
  • ファンケル本搾り青汁ベーシックはケールなのにおいしいファンケル本搾り青汁ベーシックはケールなのにおいしい
    ファンケル本搾り青汁ベーシックはケールを主原料にしていますがケールの青汁にある青臭さが抑えられおいしく仕上がっています。冷凍の生青汁やプレミアムと比較すると全くケールらしさはないと言えます。それでもケールの青汁ですから気になる方はまずはお試しセットで試された方がいいでしょう
  • ケールの青汁比較ランキング!ケールはまずい青汁の代名詞?ケールの青汁比較ランキング!ケールはまずい青汁の代名詞?
    ケールというと青汁でしょう!青汁の代名詞ともいえるケールの青汁は不味いイメージもあり最近は大麦若葉や明日葉に人気が奪われ種類も減少方向です。味はともかくニオイがなかなか手強いのです。そんなケールの青汁の人気ランキングを紹介しています。
  • 本絞り青汁プレミアム冷凍はケールを搾って冷凍!本絞り青汁プレミアム冷凍はケールを搾って冷凍!
    ファンケル本搾り青汁プレミアム冷凍は、ケールの生葉100%を収穫して、すぐ搾って、そのまま冷凍した鮮度抜群で栄養価の高い青汁です。1本で1日分の緑黄色野菜が摂れる青汁に仕上がっています。