忙しい方の毎日のスッキリをサポート!ユーグレナの緑汁 粒タイプ

ユーグレナの緑汁 粒タイプは、ユーグレナ・ファームの緑汁が粒タイプになったものです。

ユーグレナ・ファームの緑汁は、普通の青汁に満足できないという方におすすめの石垣産ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を原料にした健康補助食品のドリンク。そのドリンクがより手軽に栄養素を摂ることができるよう粒になったものが、ユーグレナの緑汁 粒タイプです。

野菜・肉・魚の59種類の栄養素をカバーしたユーグレナの緑汁が粒で登場

ユーグレナの緑汁は、見た目は青汁そのもの、飲んだ感じもちょっと青臭い青汁という健康補助食品のドリンクです。原料のユーグレナとは、和名をミドリムシといいます。ミドリムシといっても虫ではなく、藻の一種で、非常に栄養バランスに優れています。

野菜不足解消や食物繊維を補うために青汁を飲む方は多いです。確かに、何だかスッキリしない、身体がどんよりしている気がする、イキイキしていないなどと感じる場合、食物繊維不足が原因かもしれません。

でも食物繊維を補うだけじゃダメなんです。食物繊維だけを補っても栄養が偏りがちになってしまいます。ここで重要なのは、栄養をバランスよく摂取するということです。

この点で、緑汁 粒タイプの原料であるユーグレナ(ミドリムシ)の栄養バランスの良さが光ってきます。

ユーグレナは藻の一種ですが、野菜・肉・魚の持つ栄養素もバランスよく摂れることが特徴です。ビタミン類14種、ミネラル9種、アミノ酸18種、不飽和脂肪酸11種、その他7種という合計59種類の栄養素が摂れます。

もう一つユーグレナの大きな特徴を挙げるとすれば、消化吸収が非常に良いということです。これは、野菜には硬い細胞壁があり、栄養価が高くても効率よく消化することができません。これに対してユーグレナには、細胞壁がありません。そのため、豊富な栄養素を効率よく消化吸収することができるのです。

緑汁のドリンクタイプのときに臭いや味が気になったという方も、粒タイプになれば、それも気にならなくなります。寒い時期に冷たいドリンクを飲む必要もなく、いつでもどこでも効率よくバランスよく栄養素を補うことができます。

ユーグレナ独自成分パラミロンが不要物を吸着排出

ユーグレナが肉・魚・野菜の栄養素をバランスよく摂れることは、前述しましたが、他にも注目すべき成分があります。それがユーグレナだけが持つ独自成分パラミロンです。

パラミロンは、酵母やオーツ麦などに含まれるβグルカンの一種です。医学の分野など様々な機関で注目されている成分なのです。その性質は、食物繊維と同じものを併せ持つので、野菜不足が気になる方などには特にうれしい成分です。

パラミロンは、食物繊維のように消化されにくく、表面に無数の小さな穴があるので及油性と吸水性に優れているという特徴があります。

そのため、メタボの原因となる中性脂肪やコレステロールなどがこの微小な穴に取り込まれ、身体に有害な物質を吸収します。そして、パラミロンの消化されにくいという性質から、吸着したまま体外に排出されることになります。毒を体外に排出するデトックス効果が期待できるというのは非常に大きな特徴です。

このほかにも二酸化炭素を大量に吸収する効果もパラミロンの特徴です。このような性質に着目して医学界でもパラミロンについての様々な研究が行われています。

その中での発表事例には、コレステロールの低減効果、抗がん・副作用低減効果、感染症予防効果、ストレス軽減効果、活性酸素除去効果、紫外線防護効果、造血効果、糖尿病改善効果などがあります。

食が欧米化する昨今、このような効果を持つ成分が含まれたユーグレナ緑汁を毎日摂ることで、食生活を整えてられるのかもしれませんね。

アカシア食物繊維・フラクトオリゴ糖プラスでさらにスッキリをサポート

ユーグレナには独自成分のパラミロンという健康成分がありますが、これにプラスしてアカシア食物繊維をプラスしています。アカシア食物繊維は、水溶性食物繊維であり、善玉菌をサポートするとされています。善玉菌の働きを助けるととともに、食物繊維の働きによって、毎日のスッキリをサポートしてくれます。

そして、腸内環境を整えるということで、フラクトオリゴ糖もプラスしています。フラクトオリゴ糖は、消化されることなく腸まで届き、ビフィズス菌をサポートしてくれるといわれています。

アカシア食物繊維やフラクトオリゴ糖は、ユーグレナと相性のよい成分です。これらが加わることでスッキリ快適な毎日をしっかりサポートしてくれます。

ユーグレナ緑汁の粒タイプと粉タイプの違い

ユーグレナ緑汁が粒タイプになって、粉タイプを水と混ぜて飲むより手軽に豊富な栄養が摂れるようになりました。同じユーグレナ緑汁を謳っていますが、実は原材料などかなりの違いがあります。

粉末タイプは、イメージとして青汁を想像する方も多いということもあるからか、原材料に大麦若葉や明日葉が使われています。これに対し粒タイプには、これらの青菜は使用されていません。純粋にユーグレナで栄養補給するというイメージです。

また、そのユーグレナの含有量なのですが、実は粉末タイプの方がたくさん含まれていました。粉末タイプには1回分にミドリムシが5億個(約500mg)摂れるのに対し、粒タイプは1回分でミドリムシが3億個(約300mg)摂ることができます。

こんな風に書いてしまうと、粉末タイプの方がいいんじゃない?と思われてしまうかもしれませんが、粒タイプには、フラクトオリゴ糖やアカシア食物繊維という粒タイプにしか入っていない成分もあります。

粒タイプの良さは、何といっても食べるのが手軽ということです。持ち運びも便利な個包装になっていますし、いつでもどこでもサッと水などで摂ることができます。この手軽さは手放せませんよ。

忙しくて決まった時間に食事を取ることもままならない、どこに居てもサッと栄養を補給したいというような方でしたら粒タイプがおすすめです。青汁では満足できなかったという方は、青汁と同じように摂ることのできる粉末タイプから始めるのもよいでしょう。

ユーグレナの緑汁 粒タイプ

ユーグレナの緑汁が粒タイプになって登場しました。粉を水に混ぜて飲むより手軽に、いつでもどこでも摂れるので、忙しい方や味や臭いが苦手という方にも最適です。

食生活の乱れで栄養が偏りがちですが、石垣産ユーグレナには、ビタミン類14種・ミネラル9種・アミノ酸18種・不飽和脂肪酸11種・その他7種の合計59種類の栄養素が含まれるので、1包4粒で野菜・魚・肉の栄養素をカバーすることができます。

ユーグレナに石垣産クロレラを加え、さらに善玉菌をサポートするアカシア食物繊維・消化されることなくビフィズス菌をサポートするフラクトオリゴ糖を加え、毎日のスッキリをサポートします。

  • ●野菜・肉・魚の59種類の栄養素をカバー
  • ●ユーグレナ独自成分パラミロンが不要物を吸着排出
  • ●アカシア食物繊維・フラクトオリゴ糖プラスでさらにスッキリをサポート
更新日:2017/07/26 8:12:31

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。