野菜不足に青汁!

野菜が不足がちな現代人ですから、野菜不足を補うために青汁を飲もうという人も少なくないようです。

青汁自体が、もともと栄養価の高い青菜を中心にしていますから当然でしょうか。

日本人は野菜不足

日本人はアメリカ人より野菜摂取量が少ないというデータがあるそうです。国連食糧農業機関の2009年の調べではアメリカ人の野菜消費量は337g/人に対して日本人は278g/人なのだそうです。

なんとなくアメリカ人というと野菜不足なイメージがありますが、日本人の方が野菜不足というのが現実のようです。

また、今時の日本人なら大抵お腹いっぱい食事を摂っている筈ですが、それでも栄養不足だとも言われています。カロリー的には十分過ぎるほど摂れているのですが、ビタミンやミネラルなどは不足している人は少なくないというのです。

これも野菜不足が原因と考えられそうですが、それと同時に野菜自体にもやや問題がありそうです。

現代の野菜は、総じて昔の野菜と比較するとおいしく、そして見た目も綺麗になってはいますが、栄養価という点でみると劣ると言われているのです。

昔の野菜ってもっと苦かったり酸っぱかったりして癖の強い印象でしたが、最近は何を食べても甘かったりおいしくなっているように感じます。その分栄養価は減っているようです。

日本食品標準成分表というのがあるのですが、これを見ると、例えばパセリのビタミンCは50年間で200mgから120mgに激減しているのです。

野菜の栄養素が失われた理由として、野菜の品種の差異や土壌の劣化、栽培方法の変化があげられています。

ただ、その一方で、日本食品標準成分表の値を算出する分析方法が見直されていることが原因なのでは、という意見もあるようです。

残留農薬がどうのこうのということを気にする人は多いでしょうが、栄養価を気にする人はあまりいないでしょう。実際気にしたところで、食べても全く分かりませんし、全ての野菜を調査している機関もありませんから、気にしても仕方がないのですが・・・

そんなこともあり、そもそも野菜不足な上に、栄養価の少ない野菜を摂取している、肉などの高カロリー食は昔より遙かに多く食べている現代人ですから、もっともっと野菜を食べないといけないのです。

ところが、私もそうなのですが、野菜嫌いという人も少なくありませんし、外食などでは野菜を食べるのは決して簡単ではありません。コンビニで食事を済ますような人なら尚更ですね。

そこで、簡単に野菜不足を補うために青汁を飲もうと考える人が多いのです。

青汁を飲めば野菜を食べたのと同じ効果があるの?

野菜不足を補う為に青汁を飲んでみようと思ったときに気になるのが、「青汁を飲めば野菜を食べたのと同じ効果があるのか?」ではないでしょうか。

栄養という点においてみれば、青汁を飲むことで野菜を食べることと概ね同じような効果が得られる可能性はあります。

それでも販売される際には加熱処理されていますから、全く同じ効果があるというわけではありません。

例えばビタミンCなどは激減しているでしょうし、酵素も失活してしまっているはずです。また、食物繊維についても不溶性食物繊維などは口当たりがありますから、取り除かれている可能性は否定できません。

こうしてみると青汁を飲めば野菜を食べたことと同じ効果が得られるかの答えはNo!と言えそうです。

青汁はあくまでも野菜不足を補う為の栄養補助食品でありますから、野菜は野菜で食べた方がいいのは間違いありません。

もしどうしても青汁でということであれば、市販の青汁ではなく、自分で青汁を作れば野菜を食べたことと同じにすることはできます。

この場合は青汁と言うよりはグリーンスムージーと呼ばれる方がイメージが近いかもしれませんが、青汁は本来、青菜を丸ごと粉砕した飲み物です。

手作り青汁なら、上述した加熱処理もありませんし野菜も丸ごと粉砕していますから生野菜を食べたことと同じです。

これなら青汁で野菜が持つ効果効能を期待することができそうですね。

それでもさすがに毎日手作りで青汁を飲むというのはかなり面倒臭いでしょうから、市販の青汁で代用したいでしょうし、そもそもケールや明日葉などはスーパーで手軽に購入できるというわけでもありません。それに市販の青汁は原材料自体も無農薬だったり減農薬など拘っている商品も多いので、ヘタに手作りするよりは危険性が少ないとも考えられます。

ですから、野菜不足を補う感じで市販の青汁を飲むというのが、やはりおすすめの方法ではあります。

野菜不足を補うおすすめ青汁比較ランキング!

サントリー 極の青汁

極の青汁サントリーの極の青汁は、主原料は国産にこだわった大麦若葉と明日葉。ビタミンEやB1、B2、食物繊維が豊富な大麦若葉にビタミン・ミネラルが豊富で生命力にあふれる明日葉をプラスした青汁です。

これらにプラスしてポリフェノールの代表格であるケルセチンをさらにパワーアップさせたケルセチンプラスを配合しています。

野菜の代わりに飲むというより野菜に近い質のものを摂るという発想で体に野菜の力を届けるという発想の青汁になっています。

とはいえ、おいしくなければ毎日続きません。ここで発揮されるのがサントリーの飲料メーカーとしての力です。

粉末を小さくして溶けやすさを追求し、食物繊維をプラスすることで素材の美味しさを束ねて甘味や旨味を向上させます。

さらに宇治産煎茶と愛知県産抹茶により風味をグンと引き立て、美味しい青汁に仕上がっています。あっさりとした抹茶を飲むような感覚で飲むことができます。

お得な定期コースも用意されており、定期コースを利用すると専用のシェイカーがプレゼントされます。

  • ●国産の大麦若葉と明日葉
  • ●「ケルセチンプラス」を配合
  • 煎茶と抹茶を加えたとてもおいしい青汁

えがおの青汁満載

えがおの青汁満菜は化学合成農薬・化学肥料不使用の九州産大麦若葉を主原料にして作られています。大麦若葉の青汁らしく独特の匂いなどは全くありませんし、緑茶や抹茶を配合しており味はコクのある濃い目で、お茶風味でゴクゴク飲めるようになっています。

18種類の健康グリーン素材配合で、妊婦に推奨されている葉酸もピーマン27個分含まれるなど野菜不足を補うにはぴったりの青汁です。

1包みをコップに入れ、水や牛乳、豆乳などで溶かして飲むだけで、健康や美容に必要なビタミン、ミネラル、ポリフェノール、そして食物繊維を簡単に摂取することができます。プレーンヨーグルトなどに混ぜて食べてみても美味しいですよ。

  • ●大麦若葉と18種の健康グリーン素材配合
  • ●風味豊かな緑茶と緑茶をプラス!
  • ●化学合成農薬・化学肥料不使用の大麦若葉がたっぷり!

ファンケル本搾り青汁ベーシック

ファンケルの本搾り青汁ベーシックは、野菜の王様と言われる「ケール」を使用しています。原料のケールは100%国内産です。ファンケル契約農家のミネラル土壌で育てられたケールをまるごと粉末にしているにもかかわらず、粉末特有のざらつき感もなく本格的な搾りたて青汁を味わうことができます。

1杯で1食分の緑黄色野菜量を補えるように作られていますし、着色料・食塩・保存料・香料が無添加ですから健康管理にもおすすめできます。

本搾り青汁ベーシックは青菜特有の青臭さもなく口コミでも人気です。さらりとして溶けやすく簡単に飲めます。翌日のスッキリや野菜不足の解消にもお役立ち!と評判です。

本搾り青汁ベーシックは植物性ツイントースというオリゴ糖の一種を配合することで、カルシウムの吸収率を高めています。もともとケールの植物性のカルシウムは牛乳などに比べて吸収が良いので、カルシウム不足を補うにはファンケルの本搾り青汁ベーシックがおすすめです。

  • ●1本で1食分の緑黄色野菜量を摂取!
  • ●着色料・食塩・保存料・香料が無添加
  • ●原料のケールは国内契約農家で栽培

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>は、大麦若葉の青汁にキトサンを配合した青汁です。

キトサンは、コレステロールの吸収を抑える働きがあるため、野菜不足を補うだけではなく、脂っこい食事が好きな方や甘いものが好きという方にさらにおすすめです。

原材料の大麦若葉は農薬不使用の有機大麦若葉を使用しています。大麦若葉はビタミンB2や葉酸、鉄分など栄養の宝庫です。

コレステロールをコントロールしながら野菜不足を解消し、栄養補給ができる青汁は、毎日の健康をサポートしてくれます。

  • ●キトサン配合でコレステロール値が低下
  • ●農薬不使用の有機大麦若葉は栄養の宝庫
  • ●抹茶配合で飲みやすい特定保健用食品の青汁
imp

サンスター健康道場 粉末青汁

サンスター健康道場の粉末青汁は、100%国産の野菜5種類を厳選した青汁です。普段から野菜不足が気になる方や手軽にしっかり青野菜を摂りたいという方にピッタリの青汁です。

日本人の多くの方が野菜不足に悩んでいます。サンスター健康道場の粉末青汁なら、たった1杯で野菜約100gを補うことができます。平均的に1日あたり約58gの野菜が不足しているという統計からすると、十分にその不足を補うことができます。

青汁の原料には様々なものが使われますが、サンスターの粉末青汁は、青野菜5種類だけを使用しています。甘味をプラスしたり、お茶風味を加味したいりということを一切していません。5種類の厳選国産野菜をそれぞれの栄養素を最大限活かせるように独自配合しています。その5種類の野菜とは、大麦若葉、ケール、明日葉、モロヘイヤ、ブロッコリーです。

サンスター健康道場の粉末青汁は、1杯で約100g相当の野菜を取ることができます。成人が1日当たり350g以上の野菜の摂取が推奨されている中、日本人の平均野菜摂取量は292gと言われています。粉末青汁を1杯飲むことでこの不足分をきっちり補うことができます。

5種類の国産野菜を添加物を一切使用せずに作られた安全・安心な青汁なので、子供からお年寄りまで安心して飲むことができます。

  • ●100%国産の野菜5種類を厳選配合
  • ●1杯で野菜役100g分を補える
  • ●添加物一切不使用!材料は野菜だけ

濃い藍の青汁

藍の青汁国産有機の大麦若葉をベースに、食物繊維とミネラルの宝庫でスーパー薬膳野菜である藍を使った青汁。オリゴ糖を加えたことで飲みやすく仕上がっています。

一般的な青汁の原材料であるケールや明日葉と比較しても食物繊維が多く含まれています。他にも、鉄分はケールの3倍、亜鉛はケールの6倍、さらにはポリフェノールはレタスの10倍も含まれているのです。

なんだか、味の想像がしにくい青汁ですが、全く癖のない味で、青汁全体で見ても、とても飲みやすい青汁です。

含有量が決して多いとは言えないのですが、成分的には食物繊維にポリフェノール、オリゴ糖ですから、腸内フローラを整えるのにはピッタリの青汁といえます。

  • ●藍など8種類のハーブをブレンドした青のハーブティープレゼント中!
  • 食物繊維、ミネラルが豊富に含まれたスーパー薬膳野菜の藍を使った青汁!
  • ●国産有機の大麦若葉がベースだから飲みやすい!

ファンケル本搾り青汁プレミアム

ファンケルの本搾り青汁プレミアムは、野菜の王様と言われる「ケール」を使用しています。本搾り青汁ベーシックではケール生葉40gを使用していますがプレミアムでは3倍の120gも使用しています。そのため本搾り青汁プレミアムを1杯飲むだけで厚生労働省が定める1日分の緑黄色野菜の摂取量が補えるようになっています。

その分、ベーシックと比較するとかなり青臭くなっているのでその点は注意が必要かもしれません。

原料のケールは100%国内産で着色料・食塩・保存料・香料が無添加ですから健康管理にもおすすめできます。

本搾り青汁プレミアムも植物性ツイントースというオリゴ糖の一種を配合することでカルシウムの吸収率を高めて、尚且つ甘みもありますから飲みやすくなっています。

  • ●1本で1日分の緑黄色野菜量を摂取!
  • ●着色料・食塩・保存料・香料が無添加
  • ●原料のケールは国内契約農家で栽培

ユーグレナ・ファームの緑汁

ユーグレナ・ファームの緑汁は、ワカメやコンブと同じ藻類に分類されるユーグレナ(ミドリムシ)を原料にした健康食品です。1包を水などで溶いて飲むだけで効率よく栄養素を補うことができます。

ユーグレナだけでなく、青汁らしく有機栽培の大麦若葉と明日葉を使用して作られています。

青汁が野菜の栄養素を補うのに対し、緑汁は野菜・魚・肉の栄養素を補うことができるため青汁で満足しなかった方は是非飲んでみてください。

独自成分のパラミロンは、スポンジのように多くの穴があり、食物繊維と同じように不要物を吸着させて体内をスッキリさせてくれます。

効率よく59種類の栄養素を補給でき、不要物を取り除いてくれる、食生活が乱れている疲れているという方には特におすすめです。

  • ●野菜・肉・魚の59種類の栄養素がバランスよく補える
  • ●青汁より消化吸収の効率が良い
  • ●独自成分パラミロンが体内の不要物を吸着排出
更新日:2018/05/18 10:56:30

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • ファンケル本搾り青汁ベーシックはケールなのにおいしいファンケル本搾り青汁ベーシックはケールなのにおいしい
    ファンケル本搾り青汁ベーシックはケールを主原料にしていますがケールの青汁にある青臭さが抑えられおいしく仕上がっています。冷凍の生青汁やプレミアムと比較すると全くケールらしさはないと言えます。それでもケールの青汁ですから気になる方はまずはお試しセットで試された方がいいでしょう
  • 青汁ダイエットで腸内フローラを整えて太らない身体に!青汁ダイエットで腸内フローラを整えて太らない身体に!
    青汁ダイエットというと最近はフルーツ青汁が大人気です。かつては青汁の食物繊維による便秘改善などでダイエット効果が期待されてましたが最近の研究では腸内フローラを整え太りにくい身体を作れる可能性もありそうです。
  • リッチグリーンは生きた酵素とバランス良い栄養!リッチグリーンは生きた酵素とバランス良い栄養!
    リッチグリーンは、野菜不足と酵素を一緒に補える生の青汁です。熱処理を一切行っていないため、野菜本来の栄養とそこに含まれる酵素が生きたまま摂れるのです。それなのに青臭さが一切なくとても飲みやすい青汁になっています。
  • ふるさと青汁は明日葉の根まで丸ごと使った青汁ふるさと青汁は明日葉の根まで丸ごと使った青汁
    ふるさと青汁は明日葉が主原料の青汁ですが、他の青汁とは異なり、明日葉の葉っぱだけでなく根まで丸ごと使っています。明日葉の根はゴボウ以上の食物繊維が含まれていますから便秘の方が飲むにはおすすめの青汁です。